衝撃すぎた母の言葉。居場所がなくなった私の体に異変が…【悪意と無関心に囲まれた日々⑨】 by ちくまサラ

ページ: 1 2

   

 

「顔を隠すような髪型をしてるからいじめられる」

中学生でもわかる暴論でした。

 

しかも、完全に「いじめられている私が悪い」という感じの言い方。

今までの「電気を点けろ」「ハキハキ喋れ」なども、「アンタの雰囲気が暗い(暗く見える)からいじめられるんだ」という意思表示だったということが分かりました。

 

言葉を失った私に、何食わぬ顔で部屋から出ていく母。

この人は、私の味方じゃなかった。

相談したのは人生で一番の失敗だった。

そう思いました。

 

 

 

 

 

保護者懇談会が終わっても、何の変化もありませんでした。

先生も何も言わず、クラスメイト達も相変わらず私には近づきません。

 

私が抱いていたほんの少しの期待は、無残にも吹き飛ばされて消えていきました。

 

今までと変わらない学校生活。

そんなある日、とある変化が起こります。

 

 

それは、今までに経験したことのない腹痛でした。

脂汗が出て、動けなくなるほどの激痛。

 

続きます。

 

 

 

~第1話はこちらから~

 

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

 

ちくまサラさん記事一覧
⇒インスタグラム chikuma_sara
⇒ブログ 千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~

 

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

フォローしてちくまサラさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 中学生, 女の子 , ,




 - トラブル, 中学生, 女の子 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/