友人たちの車を追って山道を運転…しかしその先に待っていたのはまさかの光景!【子連れ旅行×居眠り運転③】 by 星田つまみ

ページ: 1 2

   

こんにちは、6歳差兄弟の息子たちと賑やかな日々を過ごしている星田です。

ブログインスタツイッター

 

今回は私の体験談として…

ある交通事故の遭遇経験を描かせていただきます。

その出来事を通して、私は改めて

子どもを乗せて車のハンドルを握る事の責任の重さ

強く意識することになりました。

 

前回の話【第2話

 

最初から読む【第1話

 

☆出来事の大筋はノンフィクションですが

登場人物の名前や関係性、地名等は架空の物となります。

 

交通事故の描写がありますので、苦手な方はご注意ください。

 

 

ハイキングと昼食を終えて、下山を始めた私たちは

 

行きと同様に、月岡一家と天野くんは月岡家の車に乗り、

私とにぃくんは我が家の車に乗り込み、

高原登山口の駐車場から宿泊先へ向けて車を発進させました。

 

しばらくは高原が管理する山道の有料道路を走ります。

 

 

後部座席のチャイルドシートに収まったにぃくんは

すでに眠気に負けそうな目をしています。

楽しいハイキングと美味しい昼食で満たされ、

エンジンをかけただけで心地よい眠りに誘われたようです。

 

 

交通量はとても少なかったものの、ゆっくり運転するために

途中、後続についた車2台に道を譲りました。

 

道の片側は切り立った山の斜面

もう片側はガードレールの向こうに急な崖といった

危うい九十九折りの下り坂が続く山道を慎重に下山します。

 

 

しかし…

 

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

ページ: 1 2

フォローして星田つまみさんの最新記事をチェック!

 - 2歳児, トラブル, ドライブ, 子育て, 子連れお出かけ, 子連れ旅行, 怪我 ,




 - 2歳児, トラブル, ドライブ, 子育て, 子連れお出かけ, 子連れ旅行, 怪我 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/