エスカレートしていく被害を隠し続けるものの…少しずつヒビ割れていく心と身体【性被害に遭って10年ひきこもった私が娘と出会うまで③】 by たんこ

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【性被害に遭って10年ひきこもった私が娘と出会うまで】シリーズ一覧

 

目の前に現れた男は、前回と似たような服を着て、
また同じように、優しそうに笑いながら私の肩を掴みました。

 

 

そして、車の後部座席で、同じように、同じように繰り返しました。

 

 

私の中にはもはや、恐怖心しかありませんでした。
抵抗しないこと、ただそれだけが、自分を守るために出来たことでした。

そしてまた、笑顔で解放されると
私は走って学校へと向かいました。

それはその後、何度も繰り返されました。
時にはカメラを向けられることもありました。

エスカレートしていく行為に、私は抵抗もせず、大人に告げることもなく、
良いカモになっていたのだと思います。

 

でも、もしかして、他にも被害者がいたとしたら…
この時、声をあげなかったことに、後悔をしています。

 

 

私は性被害に遭いながらも、何食わぬ顔で学校生活を続けていました。
髪が乱れていても、服が汚れていても、意外と気付かれないものです。

でも、この頃の私は、気付かれないことに、
親に“余計な心配”をかけていないことに、安堵するようになっていました。

 

 

けれども、私の身体と心は徐々にひび割れていき、
学校に行く前に、決まってお腹が痛くなるようになっていました。

ですが、それは集団登校からはぐれてしまうことを意味し、
またそれにより被害に遭うという、悪循環に陥っていました。

 

もはや、逃げられる術があるなんて、子どもの頭ではわからなかったのです。
私は黙って従うばかりでした。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

ページ: 1 2

フォローしてたんこさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 女の子, 小学生 ,




 - トラブル, 女の子, 小学生 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/