「オレ、この病気かもしれん」という夫の言葉…【弱メンタル夫婦の子育て⑭】

   

弱メンタル53

弱メンタル54

弱メンタル55

弱メンタル56

夫のまことくんの調子は相変わらず悪くて、仕事もうまくいかないし
休日は寝てばかりで、ときどきキレ散らかして爆発する…
という日々が続いていたのですが
ある日、まことくんが自分で一冊の本を買ってきました。

それは「強迫性障害」という病気について書かれた専門書でした。

「オレ、この病気かもしれん…」

その言葉を聞いて、わたしもすぐにその本を読みました。
そうしたら、今まで謎で謎で仕方なかった夫の行動が
症例として書いてあるのです!!

不快な強迫観念に支配されて、自分でも無意味だと思っているのに
それを打ち消すための行為がやめられないこと。
強迫行為を邪魔する家族などに対して、
暴言や時には暴力をふるうことがあること。
統合失調症と誤診されやすいこと。

そしてなによりも、治療法があって、その治療を受ければ
改善する可能性があるということ。

わたしは、この日、本当に気持ちがホッとしたことを覚えています。

わたしには理解できない行動は、病気だったんだ。
暴言を吐いたりするのも、家族が憎かったり性格的なものではなく
病気が原因だったんだ。
すべては、病気がさせていたんだ…。

そう思うと、ずっと行き詰って苦しかったところに風穴が開いて
光が見え始めたような気持ちになりました。

【参考文献】
「図解 やさしくわかる強迫性障害」
ナツメ社刊
原井宏明・岡嶋美代 著

関連記事
10日ぶりに会う旦那は色々な変化に気が付くようで・・・ by ミドリャフカ

作者:龍たまこさん
龍たまこさん「弱メンタル夫婦の子育て」をもっと読む

 - パニック障害, 弱メンタル夫婦の子育て, 旦那 ,




 - パニック障害, 弱メンタル夫婦の子育て, 旦那 ,


  関連記事

 - パニック障害, 弱メンタル夫婦の子育て, 旦那 ,