<広告>

必死に助けを求める灰塚。救世主が現れてホッとしたのも束の間で…【オオカミさんの恋愛事情⑨】by 佐伯梅

ページ: 1 2

<広告>

   

会社の先輩 裏柳と飲みにきた灰塚さんは、知らない男性二人組から声をかけられます。
嫌がる灰塚さんでしたが、乗り気の裏柳に押し切られ4人で飲むことになります。
そのうちの1人の男性と盛り上がった裏柳は、男性と2人で2軒目に行くと言い張り店と出ますが…
泥酔状態の裏柳をタクシーに乗せようとする男性を阻止しようする灰塚さん。
男性に突き飛ばされ転倒してもなお裏柳に抱きつき、絶対に行かせまいと必死に抵抗します。
その時声をかけてきたのは…

ーーーーーーーーーーーーーー

 

ご覧いただきありがとうございます。

こちらのお話は以前連載しておりました

【モラハラ夫を捨てるまで】

に登場する灰塚さんが主役の創作漫画となっております。

 

◆これまでのお話はこちら◆

【オオカミさんの恋愛事情】

 

 

 

 

 

 

 

 

<広告>

▼次ページに続きます▼

ページ:
1 2

フォローして佐伯梅さんの最新記事をチェック!

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。
<広告>

「佐伯梅さんの記事をもっと読む」

 - 異性 ,



 - 異性 ,


  関連記事