じいじ、ばあばにとっての自閉症君-『息子は自閉症。ママのイラスト日記㉖』

   

ある年の夏、実家に帰省中の夜。すっかり婆ちゃんに懐いている子どもたちは2階の婆ちゃんの部屋で就寝。
夜遅くまで1階のリビングで仕事をしていた私。そこへ婆ちゃんが下りてきて、

2016-10-18-1476760332-9028923-moro261-thumb

ちょうどいいので休憩しようと、お茶タイムになりました。すっかりリラックスモードの婆ちゃんと私。

日頃なかなか会えないのもあって、話も弾みます。いろいろと話をするうちに、こもたろの話になりました。

婆ちゃん「それにしても、こもたろくん、成長したよねー」

私「そう?」

婆ちゃん「うん、会う度に出来ることが増えていて、ビックリするよ」

こういう話をされると、なんだか照れくさい。

Click here to preview your posts with PRO themes ››

2016-10-18-1476760360-1964815-moro262-thumb

婆ちゃん「きっと、これまでの環境がよかったんだと思うよ。そうするために、いろいろと大変だったろうなーって思う」

私「あー...うーん、どうだろ。必死すぎて大変だと思う余裕もなかったかもしれない」
はははと笑う私。

私「2~3歳の頃は、何をやっても成長が見られなくて、途方に暮れたことはあったかな」

婆ちゃん「今は言葉もだいぶわかってるし、会話もちゃんとできてるし」

私「それね、私もここまで話ができるようになるとは思ってなかった。こもたろ、気難しい部分があるじゃない? だから、爺ちゃん婆ちゃんにも嫌な気持ちにさせてたかなーって」

婆ちゃん「爺ちゃんがね...」

私「うん?」

婆ちゃん「こもたろくんが可愛くて仕方ないのよ。〇〇に連れて行ったら、こもたろ喜ぶかな? こんな体験をさせたら楽しいかな?っていつも言ってるよ」

私「そうなのー?」

婆ちゃん「そうそう」

私「それはありがたい」

Click here to preview your posts with PRO themes ››

2016-10-18-1476760387-9490596-moro263-thumb

孫が自閉症ということ、最初はどう思ってるかと不安でした。
実家の隣に両親と同年代のご夫婦が住んでいて、毎年、お盆の頃には、お孫さんがやってきます。

そのお孫さんとこもたろを比べて虚しくなっていないか...とか、こもたろの、年齢に比べて幼い言動に失望していないか...とか。

でも、爺ちゃん婆ちゃんにとっては、他の爺ちゃん婆ちゃんとなんら変わらない、目に入れても痛くない孫でした。

Click here to preview your posts with PRO themes ››

2016-10-18-1476760418-5778128-moro264-thumb

むしろ、こもたろの言うことを楽しんでいるところもあって、私としてはそこがすごく救われている部分です。

こんな爺ちゃん婆ちゃんだからこそ、こもたろも安心して帰省できるのだと思います。
爺ちゃん婆ちゃんが大好きなのだと思います。

~続く。


⇒「自閉症くんの母、やってます」をもっと読む
+

 - 『息子は自閉症。ママのイラスト日記』, じいじばあば, 自閉症




 - 『息子は自閉症。ママのイラスト日記』, じいじばあば, 自閉症


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。