3歳2ヶ月、衝撃の光景からの絶望感。【娘の発達障害㉛~試行錯誤の結果・・・~】 by SAKURA

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【娘の発達障害】 記事一覧はこちらから

 

前回の続きです。

漏らしたときの不快感を味わってもらうため、

娘にパンツを穿かせずに、過ごさせてみることにした私。

 

おしり丸出しの状態でベランダで遊び始めた娘が、

いつ漏らした報告に来てくれるかと、期待して待ちました。

しかし、娘は一向に来ません。

 

気になり、ベランダの娘の様子を見に行くと、

私の目に飛び込んできたのは衝撃の光景でした。

 

 

 

※お漏らしの表現があります。苦手な方はご注意ください。

 

なんと娘は、そのままおしっことうんちをしていたのでした。

しかも当の本人は、まったく気にせず遊び続けています。

 

この光景を見たとき、私は絶望感に包まれました。

 

娘は言葉の発育が遅れているから、きっとトイレトレーニングは、

一筋縄ではいかないと思ってはいました。

しかし、言葉が無理なら感覚に訴えればなんとかなる!と思っていたのです。

 

 

不快感がまったくわかっていない・・・。

私が思うより、娘にトイレトレーニングをすることは、

大変なことかもしれないと思いました。

 

そこから試行錯誤の日々が始まりました。

言葉では響かないとわかっていても、必死に訴えたり・・・

 

 

トイレトレーニングでやってはいけないという「叱る」をやってみたり・・・

 

 

もうあえて無心にしてみたり・・・。

 

 

トイレに座らせれば、100%出る状態ではありましたが、

声をかけなければ必ず漏らし、そして事後報告はなし。

こちらが情熱をいくら注いでも、娘は全く変わらず!!

 

 

私もイライラしてしまい、娘との関係も悪くなっていきました。

そして、私は思いました。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 3歳児, トイレトレ, ママ, 子育て, 幼稚園, 発達障害, 自閉症 ,




 - 3歳児, トイレトレ, ママ, 子育て, 幼稚園, 発達障害, 自閉症 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。