担当医からの無情なセリフ。恐怖のラミナリア体験!【初めてのお産編②】by さやけん

   

◆前回のお話はこちら

ついに陣痛がきた!深夜病院へ向かったら…とっても恥ずかしい結果が待っていた?!【初めてのお産編①】

陣痛だと勘違いして、深夜に産婦人科に来てしまったものの、
予定日も過ぎているということもあり、

「今日は産んじゃおう!」と産婦人科医が取り出したのは
「ラミナリア」という子宮頚管を広げる棒状のものでした。

「痛い人は痛い」というそのラミナリア、
不安で胸がいっぱいではあるものの、
深夜に来てしまった申し訳なさと、元々あまり「痛い」と言えない性格上、

「全然平気です」といった表情をつくり処置室へ。

 

しかし…

ぷす。

たった一本、たった一本入れただけで、
こ、こ、こんなに痛いの!!??

あと何本入れるの!!??

これいつまで続くの!!!!????

 

人生至上最大の激痛、何本入れるのか聞いてなかった私は、
それでも「痛い」という言葉だけは発しまい。
大人なんだし、声を出して暴れるようなこともするまい。と

必死に声を殺し、心の中で悲鳴をあげてもだえ苦しんでいました。すると

「うーん、キリが悪いから、もう一本いこうか。」

は!?
キリ!?  
キリってなに!!??

無情にも思えるその台詞(心の中で言ってくださいよ!)

最後の一本の激痛に耐え抜き、
そのまま入院となったのでした…

つづく。

 

⇒作者:さやけんさん
さやけんさんの記事一覧

みんなの漫画をもっと読む
tit-main

 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 子育て, 陣痛 ,




 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 子育て, 陣痛 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。