20時間以上経っても進まない陣痛、その時医師から告げられた言葉は…【初めてのお産編⑤】 by さやけん

 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 子育て, 陣痛 ,

   

◆前回のお話はこちら

さらなる苦しみを産むこととなった言葉

 

ラミナリアの辛さを乗り越え、
次に私に訪れたのは妊婦の夏…そう「暑さ」でした…。

「妊婦は冷やしてはいけない」と言われ続けていたため、

「今日はちょっと寒いからクーラー弱めるか消そうか?」との母からの問いに
「うん。いいよ。」と答えてしまった私。

ここから「暑さ」との戦いが始まりました。

本当に、暑い。暑い。アツイ。あつい!!

 

あ…でも…

ふと気が付きました。

夫も、父も母も、私が陣痛が始まったなんて言ってから、
恐らく寝る暇がなかっただろうな。

ちょっと休ませてあげないと…

そう思い、「どうせまだまだ産まれないから」と父と母に一時的に帰るように促しました。

 

その後、仕事を早めに切り上げて早退してきてくれた夫にも、
「たぶんまだ産まれないから寝ておいて。何かあったら起こすから。」と

暑いため自分は使わない枕と布団を夫に渡し、
眠ってもらいました。

その間できるだけ声を殺し、起こさないように静かに静かに陣痛に耐えました。

 

入院開始して以来、何度か助産師さんが内診をしてくれたものの、
入院から20時間以上経過しても一向に「4cm」から子宮口が開かず、
急遽助産師さんが担当医を呼び出し深夜に診察が行われました。

その時告げられたのが

「このままだと赤ちゃんも、母体も、体力が奪われるだけで良くない。
朝6時になっても進展が無い場合、緊急帝王切開しましょう。」との言葉でした。

つづく…

 

⇒作者:さやけんさん
さやけんさんの記事一覧

みんなの漫画をもっと読む
tit-main

関連記事
家族全員が翻弄されるイヤイヤ期の娘の言葉 by さやけん



 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 子育て, 陣痛 ,


  関連記事

 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 子育て, 陣痛 ,