原発事故から6年たった福島では「健康ための食」が見直され始めている

   

1

原発事故から6年たった福島では

「健康のための食」が見直され始めている。

事故後数年間は食のテーマは「食材に対する不安」でしたが

現在は6年間に及ぶ放射能測定のデータの蓄積のおかげで食材の不安が減ったせいか

一歩進んだ取り組みが増えてきました。


ふくしまノートをもっと読む
+++

 - ふくしまノート




 - ふくしまノート


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。