原発事故から6年たった福島では「健康ための食」が見直され始めている

 - ふくしまノート

   

1

原発事故から6年たった福島では

「健康のための食」が見直され始めている。

事故後数年間は食のテーマは「食材に対する不安」でしたが

現在は6年間に及ぶ放射能測定のデータの蓄積のおかげで食材の不安が減ったせいか

一歩進んだ取り組みが増えてきました。


ふくしまノートをもっと読む
+++


 - ふくしまノート

500円分ギフトカードが当たる!あなたの子育て体験を投稿してみませんか?

---------------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。




 - ふくしまノート

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

最新記事一覧を見る!!

  関連記事

福島から発信する「健康食」のノート 【ふくしまノート 第34話】

「子供の健康のために普段から食に気をつけていますが、 原発事故直後と違って最近は ...

福島の人々が九州の震災に思うこと「ふくしまノート」井上きみどり

⇒「ふくしまノート」九州の震災のノート(前編)を更新しました! 東日本大震災から ...

【震災後の避難離婚の実体】体験者に話を聞きました。

【原発事故後夫婦合意のもと県外へ母子避難したTさん】 避難4年目 夫の住んでいる ...

東日本大震災後に福島で増えた「避難離婚」を知っていますか?

2011年の東日本大震災後、全国で結婚するカップルが増え「震災婚」という言葉が生 ...

あなたと家族の命を守るための「原子力防災」を知ろう(前編)

井上きみどり先生の「ふくしまノート」絶賛連載中です♪ The following ...

 - ふくしまノート