産むべきか、諦めるべきか…夫婦の話し合い【三つ子を妊娠した時の話③】by ちょここ

 - ママ, 二人目以降, 妊娠, 旦那 ,

   

こんにちは。ちょここです。

今回は、「三つ子を妊娠した時の話」の3回目です。

◆前回のお話はこちら

まさかの三つ子妊娠!どうしよう…!【三つ子を妊娠した時の話②】

 

二つ目に訪れた病院にて、三つ子妊娠が判明しました。

そして、多胎の場合、未熟児として生まれる確率も高いので、

もっとNICUが充実している大学病院を紹介してもらいました。

 

【三つ目の病院、大学病院へ】

「三つ子ですね。おそらく一卵性の。」

三つ子ということは、間違いありませんでした。しかも、おそらく一卵性ということでした。

そして、詳しく、多胎妊娠について、説明を受けました。

 

【多胎妊娠について】

重要なのは、卵性の種類というよりも、絨毛の数(胎盤の数)、羊膜の数(胎児を包む膜)で、

出産に向けて注意すべき内容も違ってくるとのことでした。

私の場合は一絨毛膜(一卵性)。

羊膜については、一絨毛膜の三つ子の場合、胎児1人ずつに羊膜がある三羊膜が一般的。

 

私の場合、まだ三羊膜が確認できませんでした。

「まだ8週目だったので、週数が早くて確認できないかもしれません。」

ただ、万が一、一羊膜なら、現実的に出産までたどり着くのが厳しいということ、もし出産できても

障害をもって生まれてくる確率が高いということを、過去に先生が診てきた双胎の場合も含めて説明してくれました。

 

【そして、先生の衝撃的な一言が…】

「僕は、15年間産科医をしていますが、三つ子で一絨毛膜一羊膜を診たことがありません。」

「!!!!!」

 

『15年間、沢山の多胎妊婦さんを診てきた先生が、今まで診たことがないケースが私なんて、、、。

でも、きっと、そのうち羊膜が見えるはず(早く羊膜出てきて・・・)。』という思いでした。

 

長男ハルの時も、飲めず食えずの吐きつわりでしたが、三つ子の時はさらにひどい状態でした。

出産までたどり着けないかもしれないんだから、早く諦めた方がいいんじゃないかと思ったり、

自暴自棄にもなっていました。

 

【夫婦での話し合い】

先生は、一羊膜だった場合に考えられるリスクを、丁寧にわかりやすく説明してくれました。

その説明を受けて、一羊膜なら三つ子を諦めた方がいいんじゃないかと感じました。

ただ、旦那の意見は、、、

授かった命を諦めることなんかできない。その気持ちも凄くわかりました。

ハルの前に、初期流産を経験しているので、その時の悲しみや、自分の見る景色がグレーがかる感覚とか、、、

もう二度と経験したくないという思いもあったので。

でも、現実的なことを考えると旦那は仕事で忙しいし、3歳の息子もいるし、

親は三つ子を産むのを反対しているし、正直、どうすればいいかわかりませんでした。

この頃は、毎日のように、産むべきか、諦めるべきかをずっと考えていました。

でも、考えても考えても、結局のところ、はっきりとした答えを出すことができませんでした。

ただ、旦那の前向きな後押しもあって、「三羊膜なら産もう」と覚悟を決めました。

(今思えば、先生の「15年間で三つ子の一絨毛膜一羊膜を見たことがない」という言葉に期待していたのかもしれません。)

 

次回に続きます。

 

◆今までのお話

三つ子を妊娠した時の話シリーズ

第1話 双子妊娠が発覚?! 喜びも束の間、先生の言葉で一気に不安に苛まれ…
第2話 まさかの三つ子妊娠!どうしよう…!

ちょここさんの記事をもっと読みたい方はこちらから

~作者:ちょここさん~
ブログ 三つ子とお兄ちゃん
ツイッター 三つ子とお兄ちゃん

関連記事
楽勝だと思っていた2人目妊娠のターニングポイント【1人目と2人目 妊娠の違い①】 by 吉木ゆん



 - ママ, 二人目以降, 妊娠, 旦那 ,


  関連記事

 - ママ, 二人目以降, 妊娠, 旦那 ,