三つ子育児の支えとなった決意【三つ子を妊娠した時の話④最終話】by ちょここ



 - ママ, 二人目以降, 妊娠 ,

   

こんにちは。ちょここです。

今回は、「三つ子を妊娠した時の話」の最終回(4回目)です。

◆前回のお話はこちら

産むべきか、諦めるべきか…夫婦の話し合い【三つ子を妊娠した時の話③】

 

一卵性の三つ子妊娠が判明しましたが、10週の検診でも

胎児を1人ずつ包む羊膜が見えず、羊膜がないと厳しい出産に

なるだろうと説明を受けていました。そして、産むか産まないか、

すごく考えて、すごく悩んで、、、。

「三羊膜であれば、産もう(一羊膜なら、また考えよう)。」と自分の中で覚悟を決めました。

そして、10週目後半に、再度、先生達に羊膜を確認をしてもらいました。

 

【羊膜ができていますように…と祈りながら】

明かりを消した暗い部屋で、懸命に先生達が三つ子の羊膜を確認してくれました。

「お願い、、、羊膜出てきて・・・」とずっと祈っていました。

 

すると、1人の先生が、、、

 

 

「これじゃないですか⁉︎」

 

慎重に、確認してくれる先生達。

「あっ、これだね。あったあった!」

「ここと、ここに、、、あと、これだ。」

1人ずつの胎児の羊膜が確認できました。

「三羊膜ですね。」

私:「ありがとうございます・・・(涙)」

一卵性三つ子の妊娠・出産。自分の人生において、全く予想もしなかったことでしたが、

産むと決めた以上は、たとえどんな結果が待っていようとも、覚悟をもって、向き合おうと

決意しました。

この時に考えて悩んで、産むと決めた覚悟が、その後の三つ子妊娠・出産・育児において、

自分自身の支えにもなりました。

 

【リスクだらけの妊娠】

そして、今後のことについての夫婦で説明を受けました。

一般的に、三つ子出産は、母体の負担も考慮して「34週」を目標にしているということでした。

ただ、実際は、早産になるケースが多いということでした。

 

そして、出産までに想定される問題を説明して頂きました。

 

同じ胎盤を共有しているので、胎児の血液循環のバランスが崩れて、羊水の増減、胎児の心不全、

腎不全など、胎児の命の存続が難しくなる場合があります(双胎間輸血症候群:TTTS)。

その為、羊水の量、胎児の大きさを注意しながら、経過観察する必要があるとのことでした。

 

TTTSの心配、卵巣のう腫による茎捻転の恐れ、そして高齢出産。

三つ子を産もうと覚悟を決めたはずなのに、リスクだらけの自分の妊娠に、不安が募りました。

でも、私のするべきことは、先生を信じて、ただ前をみることだけでした。

こうして、三つ子妊娠・出産を経て、産後もいろいろありましたが、

現在は、三つ子は6歳になり、毎日ケンカしながらも仲良しの三つ子に成長しました。

普段は、日常に追われて、子供達が片付けなかったり、言うことを聞かなかったり

すると、怒ったりもしてしまいますが、、、

不安の中、三つ子妊娠を決意した当時の自分から見れば、大げさかもしれませんが、

今見える光景は奇跡だな・・・と思ったりもします。

 

今回で「三つ子を妊娠した時の話」が最終回になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ちょここ

◆今までのお話

三つ子を妊娠した時の話シリーズ

第1話 双子妊娠が発覚?! 喜びも束の間、先生の言葉で一気に不安に苛まれ…
第2話 まさかの三つ子妊娠!どうしよう…!
第3話 産むべきか、諦めるべきか…夫婦の話し合い

ちょここさんの記事をもっと読みたい方はこちらから

~作者:ちょここさん~
ブログ 三つ子とお兄ちゃん
ツイッター 三つ子とお兄ちゃん

関連記事
双子妊娠が発覚?! 喜びも束の間、先生の言葉で一気に不安に苛まれ…【三つ子を妊娠した時の話①】 by ちょここ



 - ママ, 二人目以降, 妊娠 ,


  関連記事

 - ママ, 二人目以降, 妊娠 ,