事態急変!私から出てきた大量の「なにか」!!【高齢出産なめてました。体力不足で色々と限界になった話④】 by 宝田くま子

 - トラブル, ママ, 妊娠, 旦那, 陣痛 ,

ページ: 1 2

   

こんにちは!

高齢出産ママの宝田くま子です。

 

現在1歳3ヶ月の男の子「たかぷー」の育児漫画を、InstagramAmebaブログに描いています。

 

前回、陣痛らしきものを感じ、旦那様と二人で病院に行った私ですが、子宮口がまだ完全に開いておらず、陣痛もまだ弱かったため、陣痛室でしばらく様子をみることになりました。

そして旦那様に仮眠をとろうと声をかけ、自分も痛みの合間に横になった瞬間!まさかの旦那様の爆音イビキに思わず体を起こしてしまい、頭をかかえるのでした。

 

 

 

【疲れているのは分かるけど】

さて、この者をどういたそうか・・・。

 

 

 

 

だがしかし・・・・・・。

痛みはだんだん強くなるし、イビキはうるさいし、とうてい穏やかな気持ちになれる訳もなく

 

 

 

 

立ち合い出産を希望していた旦那様。

これから長丁場になるであろう出産に向けて、できれば寝かせてあげたい。

連日遅くまで仕事をしていた上に、陣痛促進のためのウォーキングや運動に付き合ってもらったし。

私より睡眠時間は少ないはず。

 

と思うのだけれど、やっぱり痛みが強くなると、そんな余裕はなくなりました(汗)

 

 

 

そんなこんなで、寝る→イビキ→怒る→起きる→寝る→イビキ→怒る→起きる・・・・・・をしばらく続け、気づけば朝を迎えます。

 

 

【看護師さんから意外な言葉が…】

 

 

 

「え、うっそん!?!?」

痛いんですけど、痛いんですけど?

どーゆーことー!?

 

 

確かに痛みは感じるので、看護師さんに症状を話してみたのですが、「モニターでは波が小さくなっている」とのこと。

そっかぁ、じゃあこの痛みは何なんだろうか・・・?

 

 

「あれ?そう言われれば痛くない!?」

 

 

なんともお粗末な話なのですが、旦那様のイビキにイライラするあまり、お腹の痛みがなくなっていることに気づかなかったようなのです、私。

結局、陣痛らしきもの?はフライングだったのか、勘違いだったのか・・・きれいに消えてしまいました。

しかし念のため、この日は入院して様子をみることに。

 

 

旦那様を一旦自宅に帰し、また陣痛が来たら連絡することにしました。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

関連記事
病院のトイレで絶叫するほどの事態発生!【高齢出産なめてました。体力不足で色々と限界になった話⑤】 by 宝田くま子

ページ: 1 2




 - トラブル, ママ, 妊娠, 旦那, 陣痛 ,


  関連記事

 - トラブル, ママ, 妊娠, 旦那, 陣痛 ,