病院のトイレで絶叫するほどの事態発生!【高齢出産なめてました。体力不足で色々と限界になった話⑤】 by 宝田くま子

ページ: 1 2

   

こんにちは!
高齢出産ママの宝田くま子です。

現在1歳3ヶ月の男の子「たかぷー」の育児漫画を、InstagramやAmebaブログに描いています。

 

前回、旦那様の大いびきのせいで、陣痛の波が遠のいてしまったことに気が付かなかった私ですが、念の為そのまま入院をして様子を見ることになりました。

だが、しかし・・・・・・。

お日様はどんどん昇っていき、気が付けばお日様は山の向こうへ沈んでいき外は真っ暗。

何事も起こらず、ただただ平穏に1日が過ぎ眠りについたのでした。

 

 

そうして迎えた翌朝。事態は急変します。

 

【大量の「なにか」】

 

 

何か大量に漏らしたような感覚に、慌てて飛び起きた私。

一瞬、パニックです!

「えええええええ!!!!!おもらししたぁーーー!?!?!?」

慌ててお尻に手を当てると、シーツまでびっしょりと濡れているではありませんか!?

 

「ん?これはまずトイレに行くべきか?」

「いやいや、ナースコールで着替えをもらうべきか?」

 

「どっちにしろ、ちょっとお尻を拭かなくては・・・・」

と、腰を上げた瞬間またもや

 

「ひゃーーーーー!」

「また出た!また出た!また何かでたーー!!」

 

と、そこでようやく、これはもしや破水では?と気づいた私。

慌ててナースコールを押しました。

 

 

 

 

すぐに助産師さんが来てくれて、その場で子宮口を確認。

「5cmくらい開いているね!」

「さっきのお水も、おしっこじゃなく破水でしたね。では、陣痛室に移動しましょうか」

 

思っていた順番とは違いましたが、「これでやっとお産が始まるんだ」とちょっと安心しました。

 

看護師さんが、新しい病衣を用意してくれて、着替えている最中にも、相変わらずチョロチョロと、破水しているのを感じました。

荷物をまとめて陣痛室へ移動している最中にも、チョロチョロ。

ベッドに横になろうと踏ん張った瞬間にもチョロチョロ。

もう、お股がバカになったんじゃないかってくらいに、ずっと破水し続けてました。

 

 

そして、陣痛室で陣痛が来るのを待っていると、再び旦那様が到着。

 

 

助産師さんにも、破水をしたらどんどんお産が進むから、今日中には生まれるね!と言われたので、もう心の準備は万端。

陣痛が今来るか今来るかと、ドキドキして待っていました。

 

 

しかし半日が経過しても、何も変わらず・・・・。

 

 

 

 

あららららら????

またもやフライング?

いやいやいやいや、破水にフライングってあるわけないっしょ?

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - トラブル, ママ, 妊娠, 旦那, 陣痛 ,




 - トラブル, ママ, 妊娠, 旦那, 陣痛 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。