小さな勘違いが招く大きなトラブル【子供のアレルギー46】 by モンズースー

 - お菓子, 子供の食事, 子育て, 病気・トラブル ,

   

次男は今まで自分から食べられないお菓子やアイスを食べたがることがなく、この頃には自分で食べられるものと食べてはダメなものの区別がだいぶできていたので、子どもが集まってお菓子やジュースが振舞われる場で親が全部の食べ物をチェックするようなことはしていませんでした。

食べていいかわからないものは親に聞いてくれていたのですが、今回は本人は普段食べている「白あんの大福を凍らせたもの」だと思っていたので、確認もせずそのまま食べてしまいました。

おじいちゃんはアレルギーのことに詳しくなかったのもありますが、甘い物が好きではないらしく、雪〇だいふくの中身がバニラアイスだと分かっていなかったようです。

次男は1個食べきってしまったところで気持ちが悪くなり、持っていた紙コップに吐いてしまったそうです。幸い吐き切った後はしばらくしたら元気になりました。

親として私たちの考えが甘く、善意で頂いたアイスでおじいちゃんも周囲の大人の方も困らせてしまいました。

こんな小さな勘違いで危なくなることもあると改めて考えさせられました。

「次男にも辛い思いをさせてしまった」「このことがきっかけでアイスが嫌いになるかも…」と心配していたのですが、真逆で、このことがきっかけであれだけ嫌がっていたアイスを食べてくれるようになりました。

次男が食べられるのはまだスプーン1杯くらいですが、乳製品をおいしいと思えるようになってくれたのは不幸中の幸いでした。

◆今までのお話

子供のアレルギーシリーズ
発達障害と一緒に大人になった私たちシリーズ

⇒作者:モンズースー
⇒ブログ 凸凹ハウス 親子で発達障害でした



しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 

関連記事
1日2回の母の癒しのひと時。マダムキラーがやってくる?!【怒涛の入院生活 in 韓国②】 by あゆみん日記



 - お菓子, 子供の食事, 子育て, 病気・トラブル ,


  関連記事

 - お菓子, 子供の食事, 子育て, 病気・トラブル ,