怪我した子供を鼻で笑う!?良心を失った大人【地獄のカオス幼稚園⑤】 by 鶏岡みのり

 - ママ, 子育て, 幼稚園, 4歳児~ ,

ページ: 1 2

   

こんにちは、鶏岡みのりです。

前回は、幼稚園の時の担任、鬼美先生の話を書きました。

訳のわからないことで怒る、手のかかる子供が大嫌い…。

しかし、それは鬼美先生のほんの一部にすぎないのです。

 

【マラソン大会】

あれはマラソン大会。本番じゃなくて練習の日だったかもしれません。

カオス幼稚園のマラソン大会は園庭だけでなく、周辺の車が通らない道も走ります。

私は、外を走っている時に転んでしまいました

 

それでもなんとか走って幼稚園に戻ってきて、園庭にいた鬼美先生のところへ行きました。

 

転んだ道が運悪くゴツゴツしたコンクリートだった為、膝の怪我からはけっこう血が出ていました。

 

幼稚園児が、マラソン大会で転んで負傷。しかも、血が流れるほど。

 

どんな大人でも優しくならざるを得ない状況だと思うんですが、鬼美先生は…。

 

怪我の重さを見て笑いました。

 

派手にというのは、「こりゃまた派手に怪我したな~」とか「派手に転びやがったな~」という意味だと思います。

ちなみに上のイラストは全く誇張していなくて、むしろイラストの方が控えめなぐらいです

わかりやすいように「派手に(笑)」と書きましたが厳密に言うと「はっでぇに(笑)」と、さらにふざけた感じだったのです。

もちろん「大丈夫?」みたいな気遣いの言葉は一切出てきません。

 

そして鬼美先生は、近くを通った事務の女性に私を引き渡しました。

カオス幼稚園では、事務員さんがいる部屋が医務室を兼ねていたのです(専用の医務室もあったのかもしれませんが、記憶にない)。

 

その時…

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

関連記事
イケメン大学生の恋人はなんと・・・【大学生と主婦の不倫に巻き込まれた話①】 by 鶏岡みのり

ページ: 1 2




 - ママ, 子育て, 幼稚園, 4歳児~ ,


  関連記事

 - ママ, 子育て, 幼稚園, 4歳児~ ,