1歳6ヶ月、大人しかった娘の行動に変化が!突然やってきた『暴走期』【娘の発達障害③~合わない目線~】 by SAKURA

ページ: 1 2

   

広汎性発達障害がある、現在小学3年生の娘。

診断名がつくまでの歩みを書いています。

◆前回のお話

1歳4ヶ月、もう一つの違和感【娘の発達障害②~変わった遊び方~】

 

【これがイヤイヤ期?娘の行動の驚くべき変化】

娘が1歳6ヶ月になったころ…その行動にある変化がありました。

あまり発語がないのは変わらなかったのですが、

外出時、突然走り出したりするようになったのです。

これまで娘は、外出先でも大人しく、ほとんど手がかからなかったので、

私はこの変化に驚きました。

 

しかし、同時に、今まで何事も無関心だった娘のこの変化を、

イヤイヤ期のような…「成長によるもの」じゃないかと思っていました。

きっと、こういう行動が成長しているということなのだろう…

誰もが通る道…そう捉え、娘の変化に対応していました。

しかし、その激しくなった行動も、どこか他の子と違ったのです。

 

【走る娘を止めるには…】

娘は、声をかけても反応がなく、

制止する言葉を言っても、名前を呼んでも、止まることがありませんでした。

スーパーに入れば、すぐに走り出し、油断すると一瞬で見失ってしまいます。

レジでお金を払っている最中などは、

娘が逃げないように、足で挟んで抑えていました。

スーパーを出た瞬間、駐車場に飛び出し、

それを慌てて追いかけて、転んでケガをしたり、

買ったばかりの卵を落として割ったりすることもありました。


※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

関連記事
「たくさん吸わせればでる」という言葉と信じて母乳をあげ続けた結果…【苦しかった私の母乳育児…前編】 by SAKURA

ページ: 1 2

 - 1歳児, 子育て, 子連れお出かけ, 発達障害 ,




 - 1歳児, 子育て, 子連れお出かけ, 発達障害 ,


  関連記事

 - 1歳児, 子育て, 子連れお出かけ, 発達障害 ,