地獄を見た私の、幼稚園の選び方【地獄のカオス幼稚園⑩】by 鶏岡みのり

ページ: 1 2

   

のんびりタイプ

 

ちり子は公園でも走り回ったりしないし、動きもゆっくりめ。

厳しい幼稚園だと、しんどいだろうと思いました。

 

私の場合は、ちり子が無理せず通える、ゆったりした幼稚園にしようと思いました。

ネットの口コミなど調べて、

「指導は厳しいですが、しっかりした子になりました」みたいな口コミがされている幼稚園は、(良い幼稚園なのでしょうけど)候補からは外しました。

 

【見学】

幼稚園の見学へ。

私が「ここが良い!」と思った幼稚園は・・・。

園長先生、めっちゃ優しそう

 

年配の方だったのですが、人のよさが顔に出ているというか。

カオス幼稚園の園長と違い、逮捕とかされそうにない(カオス幼稚園の園長は逮捕されています ⇒①参照)。

しかも、方針として厳しくしていないようでした。

私立だったので年少から入園できたのですが、「おむつは取れていなくても大丈夫、布パンツで来てください」とのこと。

ちり子はもうおむつは取れかけていたのですが、「布パンツでOK」という心の広さ?も嬉しかったです。

 

そして、園内を見学して歩いていると・・・。

授業中と思われる時間に、ひとりで体操服で歩いていた園児(たぶん抜け出してきた?)に、先生が優しく話しかけていました。

カオス幼稚園だったら、理由も聞かれず「なに勝手に抜け出してんのよ!」とキレられたと思います(鬼美先生に)。

 

その後、帰り際に園庭で少し遊ばせてもらっていたら、どこからか抜け出してきた別のお子さんが来て、先生が慌てて迎えに来ていました。

すると、先生は怒ることなく「じゃあ、その滑り台をすべったら、教室に戻ろうか」と言って、優しく連れ戻していきました。

素敵な幼稚園だな、と思いました。

そしてちり子は、その幼稚園へ入園することに。

 

やっぱり見学すると、その幼稚園の雰囲気や様子が見られるので良かったなと思います。

 

【良い幼稚園でも、いろいろあるけれど】

ちり子は楽しく幼稚園に通えていました。

それでも・・・。

登園拒否になったこともあります。

その幼稚園はありがたいことに給食があったのですが、それが食べきれなくてしんどかったみたいです。

残しても大丈夫なんですが、ちり子は「残してもいいのか?」と不安で、無理して食べていたようです。

そこで、先生に毎日「残してもいいよ」と声掛けしてもらうことに・・・。

一日経つと、「昨日は残していいと言われたけど、今日は大丈夫なのか?」と毎回リセットされてしまうようなので、毎日声掛けしてもらいました。

とてもお手数だったと思うのですが、先生は快く引き受けてくださり、ほんとに感謝でした。

期間はどれぐらいか忘れてしまいましたが、いつの間にか声掛けしなくても大丈夫になったと思います。

 

ちり子は幼稚園に入ってからも、相変わらずのんびりしたタイプで、先生に「次はこれをしようね~」と言われても、動き出すまでがなかなか遅かったようです(先生との面談で、幼稚園での様子を聞いたらよく言われた)。

でも、先生方は怒らずつきあってくださり、ちり子は人見知りながらも、楽しく通うことができました。

 

【大事なのは、子供に合っているかどうか】

先ほども書きましたが、カオス幼稚園ですら合う子供はいると思います。

のんびりした幼稚園が良い、厳しい幼稚園はそうじゃない等というのじゃなくて、それぞれのお子さんに合った幼稚園選びが一番だと思います。

カオス幼稚園での私のしんどい日々は、ちり子の幼稚園選びで、少しは役に立ったかなと思いました。

 

10回に渡ってお送りした、地獄のカオス幼稚園シリーズ、読んでいただきありがとうございました!

◆今までのお話

地獄のカオス幼稚園シリーズ
子供の性別、希望と現実
子どもの担任に恋したママ友シリーズ
1年生いじめ騒動シリーズ
大学生と主婦の不倫に巻き込まれた話シリーズ

⇒作者:鶏岡みのりさん
⇒インスタ minori24_


しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

 - ママ, 子育て, 幼稚園, 4歳児~ ,




 - ママ, 子育て, 幼稚園, 4歳児~ ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。