Bさんに渡された一枚の紙から湧き上がる不信感【勘違いママBさんとの奮闘記②】 by 白目みさえ 

ページ: 1 2

   

◆前回のお話

「あなたのために言ってるの」が口癖のボスママとの出会い【勘違いママBさんとの奮闘記①】

 

【早速Bさんからのお説教開始】

ママ友との初対面のときには「長女ちゃんです」と娘の名前を名乗るのが正解なんだという話をきっかけに。

たくさんのありがたい話を頂戴いたしました。

・子どもの前だからこそルールをきちんと守ること

・母親が手本になって集団生活の中で協調性を学ぶこと

・他者への配慮を怠らないこと

Aさん曰く、ママ界隈では「白目さん」ではなく「長女ちゃんママ」と呼ぶのが絶対的なルールなんだそうで。

(たしかにそう呼ばれることが多いけど「絶対」だったんだー…知らなかったー)

私が自分の名前を名乗ってしまうと、相手はそれが娘の名前だと思ってしまいます。

ちがうとわかると相手はまた子どもの名前を覚え直さなければなりません。

それは二度手間であり相手に負担になる行為。

私は他者への配慮が足りないから、このような失態をおかしてしまうんだそうです。

 

え…初対面ですよね。

めっちゃ人格批判してくるやん。

もうこの時点でかなり帰りたかった私。

まだ来て10分足らずだったけどな。

なんかプリント出てきたやん。

賞状みたいに受け取らなあかんのかな。

ちゃんとお礼言わなまたなんか言われるんやろか…。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友, 赤ちゃん ,




 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友, 赤ちゃん ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。