子供のために…先生に物申す!【子供のチック症状⑤】 by あべかわ

ページ: 1 2

   

どうも!

 

ブログ(日曜日は9時まで寝たい)とインスタグラム(@abekawa.zunda)で育児漫画を書いております。あべかわです。

弟のチック症状のことについて書いています。

 

何年も前の出来事であること、また、わかりやすいように母目線で書いていることをご了承ください。

 

◆前回のお話

先生にチックを直談判…先生からは思い掛けない言葉!【子供のチック症状④】

 

 

保護者面談で、先生に息子のチックのことを伝えたものの

 

「神経質なところがあるから」

 

と流されてしまい、意気消沈しておりました。

 

 

 

又聞きや子供からの話をどうやって伝えるか迷ってしまったこと。

 

それから、これらを伝えたことで息子への当たりが強くなってしまったらどうしよう、という不安もありました。

 

しかし、夏休みが明けた頃、再びAちゃんママと話をしてみると…

 

 

 

主任の先生をはじめ、教頭先生など様々な先生がクラスに関わってくれるようになったのだとか!

 

 

 

複数の目があるので、担任の先生も厳しすぎる指導をしなくなり、また、主任の先生が子供たちの学習や生活のサポートもしてくださるので学級の雰囲気が劇的に変わったそうです。

 

「学校に行きたくない」

 

と言っていたAちゃんも、夏休み以降表情が明るくなり元気に通えるようになりました。

 

 

学校側がこのような対応を取ってくれたのは、ある保護者からの訴えがあったからです。

 

その人物は…

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - じいじばあば, 小学生 , ,




 - じいじばあば, 小学生 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。