字が汚いとバカにされた私がこっそり覗いたものは…【左利き矯正の話②】 by きのこの子

ページ: 1 2

   

左利きのわたしは家族会議の結果、小学校入学と同時に利き手を矯正されることになりました。

慣れない右手でひらがなを練習しますが、手が震えて思うように書けません。

そんなとき、突然「ヘタクソ」というつぶやきが聞こえてきて…

というのが前回のお話

 

さて、この声の主は一体…?!

 

【「ヘタクソ」と言ったのは…】

 

隣の席の男の子でした。

わたしは黙り込んでしまいました。

 

 

右手で書くと時間もかかるし手も震えてきれいに書けない。
でも上手に書ける左手は使ってはいけないと言われている。

それはわたしがいちばん困っていることなのに…。

 

まだ小学1年生のわたしには、上手に弁解する力も、時間も、心の余裕もありませんでした。

心の中は悲しい気持ちでいっぱいです…。

 

【では、この子は上手く書けるの?】

 

人にヘタクソと言っておいて、この子は一体どんだけ上手い字が書けるんだよ?

悲しい気持ちでいっぱいの中、ふと思いついて覗いてみました。

 

すると…

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - トラブル, 友達, 小学生 ,




 - トラブル, 友達, 小学生 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。