もう会うことはないはずの先生が目の前に…【腹痛から緊急手術となった出来事⑬】 by きたぷりん

ページ: 1 2

<広告>

   

 

夜に腹痛が始まり翌日から入院前に小児科2件で

「盲腸ではない」診断を受けてました。

 

実はもうその時には穿孔が起きていたのか?

という事はそれ以前から盲腸の兆しがあったのか?

もともと本人が腹痛がよくあるので

痛みに耐性があったのか?

 

今では確認のしようがありませんが

とにかく娘には長くとても痛い思いをさせてしまいました…。

 

そしてこれからのこと。

 

 

今回虫垂除去ができないのは炎症を起こしているから。

炎症が落ち着くのを待って

腫れが引いて小さくなった状態の虫垂を

取り除くということでした。

 

でも再発のサイクルってどんなものだろう。

3ヶ月は早いのか遅いのか。

 

そして手術の方法は…

 

 

おへそ!?

おへそから腹腔鏡手術を行うということだったんですが

この時はまだ詳しい話がなかったので

当時おへそからというのがさっぱり想像がつきませんでした。

説明はほぼこんなところです。

 

(入院時にわかっていれば…)

(もう会うことはないとおっしゃってたのに…)

ともちろん思うことはありました。

 

ただ、この後再度ここで手術でまだまだお世話になるし

それより何より娘の痛みがこれで終わるという安堵感で

このときはいっぱいでした。

 

続く

 

~第一話はこちら~

<広告>

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

◆今までのお話

腹痛から緊急手術となった出来事シリーズ
親子で心臓病でした。シリーズ
子ども料理のススメシリーズ
子どもの身体の成長の遅れシリーズ
我が家の幼児期事件簿シリーズ
私の過呼吸体験談シリーズ
成長期の目の話シリーズ

きたぷりんさんの記事をもっと読みたい方はこちらから

作者:きたぷりん

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ:
1 2

フォローしてきたぷりんさんの最新記事をチェック!

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。
<広告>

「きたぷりんさんの記事をもっと読む」

 - 女の子, 子育て, 小学生, 病気・トラブル , ,



 - 女の子, 子育て, 小学生, 病気・トラブル , ,


  関連記事