手術後も残っていた心の中のわだかまり【腹痛から緊急手術となった出来事⑭】 by きたぷりん

ページ: 1 2

   

娘が小学5年生の時、腹痛から緊急手術となった出来事を

書いています。

↓これまでの話はこちらからどうぞ

腹痛から緊急手術となった出来事

                

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちが説明を受けている間、娘は麻酔から目覚めるのを待つ時間でした。

目が覚めたとのことだったので、手術室前で迎えて

一緒に新しい病室、内科病棟から外科病棟へと移動です。

ずっと二人っきりで隔離状態だったのが一気に四人部屋!

気のせいか部屋も明るく開放的に感じられます。

看護師さんも行ったり来たりしていて安心!

移動した時、最初に話した看護師さんがちょっと小声で

 

 

と言って来たのは

内科からの経緯を知ってて

気持ちを切り替えさせようと思う看護師さんの思いやり?

でも…

いくら優しい先生でも…

会うはずなかった先生だった、

というわだかまりはまだありました。

 

そのA先生も後で病室へ見に来てくれました。

そこで退院についても話をしてくれ

 

 

そして

私が旦那に託した手紙についても

話がありました。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてきたぷりんさんの最新記事をチェック!

 - 女の子, 子育て, 小学生, 病気・トラブル ,




 - 女の子, 子育て, 小学生, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。