予定日まであと2ヶ月。心のバランスが崩れていき…【私、死ぬの?妊娠健診でまさかのがん宣告…?!⑦】 by はなうさ

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【私、死ぬの?妊娠健診でまさかのがん宣告…?!】

 

長男の出産を控えた2ヶ月前。

突然舞い込んだ東北に住む旦那の祖父の訃報。

遠方のため、私は妊娠していたこともあり葬儀には旦那のみ参列し、私は自宅に残ることになったのですが

 

 

家で1

考えることは不安なことばかりでした。

 

 

【家で泣いていると母から連絡があり

 

ただひたすら泣いていて、時間がどれほど過ぎているのか、なんで泣いているのかもわからなくなってきました。

ボーッと、ただハラハラと泣いていると母から一本の電話が入り

 

 

電話の翌日、母と美術館へ行きました。

母とはよく美術館へ行っていたのですが、だいたい母がいつも観たい展示が決まっていてスケジュールを立ててくれていたので、突発で美術館へ行くのはこれが初めてでした。

 

 

なんとなくやっている展示を見に行ったのですが、今まで見たことがない、これまたこのタイミングでどんより暗い色彩と表情の作品が多くて見ていてなんだか憂鬱になってしまいました。

 

【気落ちする私に母がかけた言葉】

 

見終わった後、なんだかどっと疲れに襲われる私。

さっき見たばかりの悲しい女性画家の眼差しがチラつきます。

ランチを食べながら母は楽しめたのだろうかと思っていると

 

 

子宮頚がんのことは母に話していませんでした。

心配をかけたくなくて、出産後に再々検査をした結果で伝えようと思っていました。

いつもと変わらぬ前向きな母に、子宮頚がんのことを今、吐き出してしまおうかと思いました。

でもやはり思いとどまってやめました。

ただ、最近マタニティブルーがひどく、たまに不安で泣いていると伝えました。

 

すると母は

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてはなうささんの最新記事をチェック!

 - 妊娠, 妊娠後期, 病気・トラブル , , ,




 - 妊娠, 妊娠後期, 病気・トラブル , , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。