私をいじめるクラスメイトを黙らせた友人の驚くべき企み~消えない記憶~【いじめの加害者と被害者の経験⑦】 by もち

ページ: 1 2

   

◆今までのお話はこちらから

~消えない記憶~【いじめの加害者と被害者の経験】シリーズ一覧

 

 

真弓と梨香子が私にしか聞こえないように吐き捨てた言葉は…

 

 

 

無視されるならまだしも、謂れもない攻撃的なことを言われてドクドクドクと動悸が止まりませんでした。

 

 

 

 

 

 

さすがにキツくなり隣のクラスにいる小学生時代の友達、彗と唯のところに行き泣いてしまいました。

 

事情を話すと慧が言いました。

 

 

 

彗:梨香子うちらの部活にいるし、引退したけど明日ちょうど部活に行く日だから梨香子も来るし、ちょっと聞いてみるわ。

私:いや、あんま刺激しなくていい…。

友達:そう?でも遠回しに聞いてみるわ。

私:うん…。

 

 

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

ページ: 1 2

フォローしてもちさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 中学生, 友達, 女の子 ,




 - トラブル, 中学生, 友達, 女の子 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/