「お前いじめられてるのか?」不躾な質問後、担任が言い放ったとんでもない言葉~消えない記憶~【いじめの加害者と被害者の経験⑧】 by もち

ページ: 1 2

   

◆今までのお話はこちらから

~消えない記憶~【いじめの加害者と被害者の経験】シリーズ一覧

 

学校でされていることについて家では何も話していませんでした。

しかし、ある日突然母が…

 

 

 

私:え…何もないよ…

 

私はごまかそうとしましたが

 

 

 

この時私は、我慢してたものが溢れて母の前で泣いてしまいました。

 

 

母にことの顛末を話し、クラスメートの女子から無視されていることを打ち明けました。

 

 

母:そっか…今まで学校行って偉かったね。

 

 

さらに母は言いました。

 

 

母:中学校生活も残り数ヶ月。

本当に嫌な時は行かなくてもいいけど、ちゃんと卒業はしよう。

 

こう言ってくれました。

 

私:うん…同じクラスじゃないけど彗や部活の仲間もいるから、休み時間は教室から出てそっち行くからまだ平気。

 

 

辛い気持ちを話すことが出来て、私は少し肩の力が抜けました。

 

 

無視されるのは辛いけど、登校拒否をするなんて絶対いや。

真弓達の思い通りになんて絶対ならないと誓いました。

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

ページ: 1 2

フォローしてもちさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 中学生, 友達, 女の子 ,




 - トラブル, 中学生, 友達, 女の子 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/