私の赤ちゃんがいたところ【子宮外妊娠した話⑤(最終話)】 by はなゆい

ページ: 1 2

   

初めまして、はなゆいと申します。

『一緒に笑おう』をテーマに笑える育児漫画を描いています。

ブログ:笑う母には福来る 

インスタグラム: @yuihanada7

 

さて、そんな私ですがここではいつもとはちょっと違う

昔の話をさせて頂いています。

それは、子宮外妊娠をしたときの話。今回が最終話です。

 

◆今までのお話

【子宮外妊娠した話】

 

 

子宮外妊娠の手術を終え、

数週間が経ちました。

 

傷の痛みもなくなり、

いつも通りの生活ができるようになりました。

 

そんな中、

術後の経過を確認するため、

手術をした病院を訪れました。

 

 

卵管…?

私の赤ちゃんがいたところ…?

 

見たい!

絶対見たい!!!

 

 

写真を見せてもらうと、

そこには、細長い白子?のようなものが写っていました。

 

「……」

 

なんだかよくわからない写真でしたが、

卵管の写真を見ているうちに

いろんな思いがこみ上げてきた私。

 

 

写真をくれるようにお願いしましたが、

必要な写真らしく(そりゃそうなんですが)、

断られました。

 

そして先生から…

 

胎嚢についての

衝撃的な事実を告げられました。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - トラブル, 妊娠 ,




 - トラブル, 妊娠 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。