堪えていた涙が遂に!下駄箱にいたクラスメイトがしていたことは…【悪意と無関心に囲まれた日々⑤】 by ちくまサラ

ページ: 1 2

   

ちくまサラと申します。

普段は育児中心にブログインスタを運営しています。

今までのお話

   

 

クラスメイトに監視されていたことに頭が真っ白になった私は、ナミちゃんに連れ出されました。

 

 

トイレの中で、私は今まで堪えていた涙をあふれさせました。

ある日突然グループから仲間外れにされ、それが女子に広がり、男子にまで…。

 

自分が何をしたのか全然分からない。

なんでここまでされるのか分からない。

 

 

ナミちゃんは一生懸命私を励ましてくれました。

そして「次からは私のクラスに来なよ!」と言ってくれました。

 

 

勇気を振り絞って入った教室は…。

今までのように、誰も私に近づいてきません。

 

 

もはや、私にとってはクラス全員が敵に見えました。

 

 

私が下駄箱に行くと、そこに居たのはクラスメイト数人でした。

彼らは、私の姿を見ると慌てて逃げていきました。

 

私の靴の所に居て、なにかをしていたのです。

 

私は、恐る恐る自分の靴に近づきました。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてちくまサラさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 中学生, 女の子 ,




 - トラブル, 中学生, 女の子 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/