私の不妊治療、現状・・・職場の人にどこまで話していい?【私の不妊治療⑳】 by SAKURA

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【私の不妊治療】シリーズ一覧

 

前回の続きです。

子どもがいないことを追及されたくなくて、不妊治療について話すことにした私に待っていたのは、

同じように不妊治療を経験し、二人のお子さんに恵まれたパート先の先輩Aさんとの出会いでした。

 

 

こういう結果になるとは予想していなかった私。

隠さず、早く話せばよかったと言うと・・・

 

 

なんと、私の不妊治療に気がついていたAさん!

不妊治療のことを周りの人に一切話していなかったのに!

なぜわかった!?

 

詳しく聞いてみると、

 

 

しつこく質問してくる人には、最後の方に「伝われ!察しろ!」と若干嫌そうな顔をわざとしたこともありましたが、

普段はなるべく明るく答えていたつもりだった私。

思ったより、私の我慢は上手ではなかったようでした。

 

 

Aさんは自身の経験から、私の引きつり笑顔を見て、私に何か事情があるのかな?と思ったそうです。

たしかに今の私なら、そういう表情は察することができる自信がある!

Aさんの経験が私につながっていると考えると、感慨深いものがありました。

 

それからAさんは、私の治療について聞いてくれました。

しかし私は、話すことを迷いました。

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてSAKURAさんの最新記事をチェック!

 - 不妊治療, 妊娠したい ,




 - 不妊治療, 妊娠したい ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/