意識が朦朧としたまま救急車で搬送された3歳息子。診察した先生が言った言葉とは…【生まれて初めて救急車を呼んだ話④~最終話~】 by 森田家

ページ: 1 2

   

こんにちは。

「森田家」と申します。

普段は、インスタグラムツイッターにて育児漫画を発信しています。

 


 

今回は、
「生まれて初めて救急車を呼んだ出来事」
についての連載です。

 

◆今までのお話

【生まれてはじめて救急車を呼んだ話】シリーズ一覧

 

けいれんをおこした息子を乗せて救急車は、病院へと向かいました。

揺れる救急車の中で、たった15分。

 

 

病院までの通い慣れた道のりが
とてつもなく長く感じました。

その間、息子は全く呼びかけに応えず意識が朦朧としていました…。

 

 

救急車が病院へ到着すると、すぐに院内へストレッチャーごと運び込まれました。

 

小走りで息子を追いかけながら

 

私は…

自分のせいだ…
注射を受けなければ良かった…
このまま息子が意識を戻さなかったら…

 

挫けそうになる気持ちを戒めるように

 

 

唇を噛み締めて、自身を奮い立たせていました。

 

救急外来は、あちこちでバタバタと人が通り、かなり混み合っていましたが

すぐに先生が来てくれて、診察が始まりました…

 

 

 

すると…驚くことに…‼️

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

ページ: 1 2

フォローして森田家さんの最新記事をチェック!

 - 3歳児, トラブル ,




 - 3歳児, トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/