現代医学ブラボー?!知っておこう無痛分娩の基礎知識【すくすく妊娠講座】

Posted by:すくパラ事務局

 - 出産, 妊娠講座

   

1

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、麻酔を使って出産の時に痛みやわらげる出産方法です。産痛は、子宮の発作的収縮および腹圧から発生しますが、それを全身麻酔または局部麻酔で和らげます。
麻酔剤は血圧を下げるので、「血圧の高い方」にオススメです。
また、痛みによる精神的疲れ・パニックや、その疲れによる分娩の長時間化を防ぐ事にもつながります。

麻酔の赤ちゃんへの影響が心配されますが、局部麻酔なら影響はほとんどありません。
また、全身麻酔の場合、赤ちゃんが眠った状態で生まれてくる場合がありますが、一時的なもので心配することはありません。

関連記事
陣痛が甘くみてたが、やっぱり痛いのでドイツで無痛分娩!

○無痛分娩~麻酔の種類~

【局部麻酔】

①硬膜外麻酔法

欧米では出産時に麻酔がよく使用されますが、その中で最もポピュラーな方法です。
背中から腰の脊髄の近く(硬膜外腔)に注射針やカテーテルを刺し、麻酔薬を少量ずつ注入します。子宮収縮や運動能力を妨げず、痛みだけをとるので、腰から下の感覚がにぶくなりますが、足を動かしたりすることはできます。
血液に麻酔液が入らず、赤ちゃんへの影響もほとんどありません。
また、赤ちゃんが生まれるまで続けて麻酔薬を注入するので、途中で麻酔が切れることはありません。

②脊椎麻酔法

脊椎にある「クモ膜下腔」という部分に麻酔液を注入します。運動機能が麻痺して痛み止めの効果もすぐ出ます。痛みをとる効果はとても高く、使用する麻酔薬の量も少ないのですが、効果の持続時間が短かったり、赤ちゃんを取り出すのに吸引分娩が必要になる、といった点もあります。

③会陰部神経麻酔法

お産が進み、赤ちゃんの頭が産道を出る直前に、会陰部に麻酔液を注射します。
麻酔が効くのは産道の出口付近だけなので、ママや赤ちゃんへの影響はまずありません。
最も痛いといわれる分娩第2期の産道/会陰部の痛みへの鎮痛効果が非常に高い点、産道・会陰部に限られた筋弛緩作用による“安産効果”の点で優れています。
麻酔をかけるまでの分娩第1期の痛みは取ることができず、呼吸法などで痛みを緩和することになります。

関連記事
妊娠中期にやるべき事(妊娠5ヶ月,妊娠6ヵ月,妊娠7ヶ月)「すくすく子育て講座妊娠編」

【全身麻酔】

①静脈麻酔法

麻酔薬を静脈注射します。赤ちゃんはお母さんが眠っている間に生まれます。また、胎盤を通して麻酔薬が赤ちゃんの血液に流れる可能性もあり、眠った状態で赤ちゃんが出てくることもあります。

②吸入麻酔法(きゅうにゅうますいほう)

麻酔ガスをマスクをして鼻と口から吸入します。最初から意識がなくなるまで吸う場合と、痛みが我慢できなくなった場合にママ自身がマスクを持って吸い込む方法があります。
自分で吸う場合、麻酔薬を吸い込んでから3分ほどで意識が戻ります。

【先輩ママの無痛分娩体験】

★mogmog さん
アメリカ在住です。
2010年と2012年にそれぞれ無痛分娩で女の子を出産しました。
エピドラルなしなんてもう考えられませ~ん。
長女のときは妊娠糖尿病を患い、産後糖尿病になってしまい次女は糖尿病合併妊娠で出産しました。同じ境遇の方の参考になれば幸いです~。

長女出産体験記①
http://ameblo.jp/aiaimogmog/entry-10536073252.html
長女出産体験記②
http://ameblo.jp/aiaimogmog/entry-10537854688.html
長女出産体験記③
http://ameblo.jp/aiaimogmog/entry-10539640648.html

次女出産報告
http://ameblo.jp/aiaimogmog/entry-11409381006.html

★chico さん
長男を日本で普通分娩後、次男、三男をニューヨークにて無痛分娩で出産しました。
ニューヨーク州内の無痛分娩率は80%以上だそうです。

ちなみに、同じ病院で同じ処置を受けたにも関わらず、次男の出産は麻酔のお陰で完全無痛、
三男の出産は「これって無痛じゃなくて和痛だよね…?」程度にしか麻酔が効きませんでした。
不思議。

文章中心ですが、経過、処置、痛みのレベル等、かなり細かく記録していますので、
良かったらご参考になさってください♪

★次男出産記録
http://blog.livedoor.jp/newyork_life/archives/928655.html

★三男出産記録
http://blog.livedoor.jp/newyork_life/archives/1690957.html

★無痛分娩を選んだ理由
http://blog.livedoor.jp/newyork_life/archives/855669.html


陣痛破水おしるし自然分娩無痛分娩帝王切開出産費用出産準備品出産・分娩TOP
すくすく講座講座妊娠編へ


妊娠講座

◆月齢別妊娠講座

1ヵ月(0週,1週,2週,3週) 2ヵ月(4週,5週,6週,7週) 3ヵ月(8週,9週,10週,11週) 4ヵ月(12週,13週,14週,15週) 5ヵ月(16週,17週,18週,19週) 6ヵ月(20週,21週,22週,23週) 7ヵ月(24週,25週,26週,27週) 8ヵ月(28週,29週,30週,31週) 9ヵ月(32週,33週,34週,35週) 10ヵ月(36週,37週,38週,39週)

◆妊娠初期

・妊娠超初期の症状と気を付けるべきポイント ・妊娠初期症状はいつから? ・妊娠初期の症状 ・妊娠初期に気を付ける事 ・妊娠初期のおりもの

◆つわりの症状と対策

・つわりの原因 ・つわりの症状と対策 ・つわり中の食事対策 ・吐きつわり&食べつわりの対処法 ・ご飯が炊けるのも怖い!?つわりピーク時の症状と対策 ・つわりが辛い時にスムーズに仕事を休むための方法 ・つわりに効く漢方 ・私が実行した3つのつわり軽減法 ・唾液つわりとは? ・二人目妊娠の時のつわり対策 ・稽留流産 とつわり

◆妊娠中期(妊娠16週~妊娠27週、妊娠5ヶ月、妊娠6ヵ月、妊娠7ヶ月)

・妊娠中期の体 ・妊娠中期の悩み ・妊娠中期に気を付ける事 ・妊娠中期にやるべき事 ・妊娠中の栄養 ・妊娠中から始めるパートナーシップ ・マタニティエクササイズ ・胎教を始めよう! ・逆子の原因とリスクや直し方

◆妊娠後期

・妊娠後期の体 ・妊娠後期の食事 ・妊娠後期にやるべき事 ・妊娠後期の悩み。頻尿、尿漏れ、おなかの張りとむくみ ・妊娠後期、出産前に確認しておくべき事。 ・出産準備品リスト(育児用品) ・母親学級、両親学級 ・妊娠線ケア ・出産の入院準備の便利リスト ・バースプランを立てよう! ・産院選び

◆出産・分娩

・出産、分娩のプロセス ・陣痛の基礎知識 ・破水の基礎知識 ・おしるしの基礎知識 ・自然分娩とは? ・帝王切開の基礎知識 ・無痛分娩の基礎知識 ・全国の安産祈願スポット ・赤ちゃんの名付けの基本 ・知っておこう!出産費用 ・妊娠・出産に関する法律・制度

◆胎児の成長

妊娠1ヵ月妊娠2ヵ月妊娠3ヵ月妊娠4ヵ月妊娠5ヵ月妊娠6ヵ月妊娠7ヵ月妊娠8ヵ月妊娠9ヵ月妊娠10ヵ月


--!>

---------------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。



 - 出産, 妊娠講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

最新記事一覧を見る!!

  関連記事

 - 出産, 妊娠講座