我が子を愛するが故…玩具のしくじり by もじゃ

   

私のしくじり育児エピソード。

前回は奥さんからしくじりエピソードをいただきました。

 

気合いが足りないんじゃないか

しくじり育児にちゃんと向き合ってなかったんじゃないか?

一抹の不安が頭をよぎる中

私は前回から気合いを貯め続けていました。

そう。

私の本気を見せる為に!!

第4回 しくじり育児!!

始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、すくパラさんにお話をいただい

しくじり育児のエピソードを思い出す中で

改めて「子供」「夫婦」「育児」について

考えるいい機会になりました。

 

【そして行き着いたのは】

完璧な親なんていないと言うこと。

そして、親は子供に成長させられている

という当たり前な事実でした。

 

【言葉遣い】

普段の日常会話レベルでも

乱暴な言葉遣いをしていると

それをすぐに覚えて「やめて」というのを

「やめい!!」と言ってみたり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「腰が痛い」という私の会話を聞いて

「そろそろ寝ようか?」と言うと

「腰が痛えなぁ〜」と断る文句になっていたり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親の行動全てが

子供のお手本なんだなぁと気づきました。

【目に入れても痛くない】

よくそんなこと言います。

先日試しに入れてみたんですが、

本当に痛くありませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母親と父親の考え方は違う。

そもそも男と女で違うと言います。

しかし、我が子が可愛い、大切と言う一点において

誰もが「YES」と答えるでしょう。

 

【愛深き故に起こす「しくじり」】

私たちにとっては初めての子供。

私たちの両親にとっては初孫。

その破壊力は半端ないようで・・・・

全てのおもちゃに思い出があり

次、子供が生まれた時用に!!と

まだ見ぬ我が子を想像し捨てずに

置いていたおもちゃが先日ついに

行き場所を失い溢れ出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「トミカとレゴは踏んだら痛いよぉ」

友達に聞いていたんですが

踏むわけないでしょと思っていた自分に

げんこつ食らわせたいです。

「あ。足の裏穴空いた!!」

と思うほど痛いんですね。

 

【最終回】

これで4回の連載を終了いたします。世のお母さん方のあるあるに、いち男の私が勝てるわけないと独自の路線で攻めましたが、お見苦しくなかったでしょうか? 漫画では打ち切りと言ってましたが、担当者さんとの最初からのお約束だったので全然問題なしです。至って関係は良好です。笑

いつも締め切りぎりぎりですみませんでした!!

インスタから飛んできてくださった皆さん

そして、すくパラから偶然見つけてくださった皆さん

短い間でしたが、本当に素晴らしい経験をさせていただき

ありがとうございました。

◆今までの記事はこちらから

しくじり育児ってそもそも!?

【子供の散髪】息子が坊主になってしまった『3つのしくじりポイント』

「みんなの前で言わないで!」毎日頑張っているお母さんが切なくなった息子の言葉

 

⇒作者:もじゃさん
もじゃさんの記事一覧を見る
しくじり育児エピソード大募集!

c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 - しくじり育児, ママ, 旦那, 玩具, 男の子




 - しくじり育児, ママ, 旦那, 玩具, 男の子


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。