電話が鳴ると動悸が…!1日何度もかかってくる義母からの電話攻勢【我が家の同居話②】 by 山田あしゅら


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - じいじばあば, トラブル, 住まい, 妊娠, 結婚

   

 

前回31年の同居と書きましたが

結婚当初から2年ほど

アパートで義両親とは別に暮らす期間があったのです。

 

夫と私はお見合い結婚。

お見合い(初めての出会い)が4月

結婚式が12月という

訳あって(義弟が先に結婚したって理由)

それはそれは怒涛の進行状況でした。

 

おいおい同居することは既に暗黙の決定事項。

 

 

おそらく義父母は家の改築を済ませてから

同居の運びとするつもりだったのでしょう。

 

彼ら先導のもと

あれよあれよとアパートでの新婚生活は始まったのでありますが・・・。

 

始まるが早いか

義母から1日何度もアパートへ電話がかかってくるようになったのです。

 

当時義母はパートの看護師をしていました。

勤務先は企業内の診療所です。

30年以上勤めていた職場で診療所に看護師は義母一人。

嘱託のお医者さんが1日に1度往診に来ますが

それが終われば急患の従業員が担ぎ込まれない限り

あまり仕事はなかったようです。

・・・まぁ、昭和の終わりごろ

今より随分ノンビリした時代だったんですけどね。

 

するってぇと

嫁は格好の暇つぶしになったんでしょう。

時間が空くと特に用事もないのにその度電話攻勢をかけてくるのです。

 

当時はまだ、携帯電話のない時代だから良かったものの

 

 

これにはとにかく閉口しました。

 

家に居る時はもちろん、

居なければ居ないで私が電話に出るまで掛けてくるのです。

 

そのうち電話が鳴ると動悸がするくらいノイローゼ気味に。

 

ちょうど結婚前まで勤めていた職場が

「アルバイトでいいから来て」と言ってくれたのを

渡りに船と通い始めることにしました。

 

 

職場は少々遠いのですが勝手知ったる仕事です。

それに

義母の電話攻勢から逃げ出すにはかえって好都合でした。

 

 

ところが

仕事に通い始めるのとほぼ時を同じくして

 

長男一郎の懐妊が判明したのでありました。

 

つづく

 

関連記事
帝王切開手術前日から義母が病室にお泊り!?【我が家の同居話⑥】 by 山田あしゅら
◆前の記事:
◆次の記事:

 - じいじばあば, トラブル, 住まい, 妊娠, 結婚





 - じいじばあば, トラブル, 住まい, 妊娠, 結婚



  関連記事

準備万端!最終夜、最上階のバーへ!【プロポーズ大失敗物語〜ねぇいつになったら言うの③】 by めい

2回目で「ちょっともう痛々しくて見てられない」と引き気味の皆様こんにちは。 ここ ...

煙草は控えると言ったのにこの匂い…!?まさか!【里帰り中の騒動②】 by あべかわ

あべかわです! 娘が生まれてすぐ、里帰り中のできごとです。   喫煙者 ...

子宮に帰りたい!?お腹の赤ちゃんに嘆いてしまう妊婦

赤ちゃんを産んだ後の住まいについて、 実母と旦那で意見が分かれる。 出産・子育て ...

寒さと疲れと安心感。家族の顔を見たらそのまま・・【出産ルポ⑧】 by ようみん

◆前回のお話はこちらから 寒さに震えた緊急帝王切開の末…やっと会えた!【出産ルポ ...

里帰り出産中、家の掃除どうする?!やりっぱなし夫がいる我が家は【家事サービス】を頼みました!

みなさんは里帰り出産中、家に旦那を一人にしますか? ひと月ほどの間、旦那に家を任 ...

 - じいじばあば, トラブル, 住まい, 妊娠, 結婚