生検。ついに謎の湿疹の病名がわかる!【原因不明の湿疹治療記録③】 by あざみ

   

こんにちは

4歳、3歳、0歳の三兄弟のオカンあざみです。

 

前回の続きです。

まだの方は↓

①未知の病気「類乾癬」

②身体だけでなく顔にまで…!左右対称の謎の湿疹

 

何軒もの皮膚科を渡り歩き、ついに

核心へ続く判断をしてくれた先生と巡り会えた。

 

大きな病院で生検を行う。

ついに、この謎の湿疹の原因がわかる。

そう思うと嬉しい反面

もし悪性のものだったらどうしよう…と

不安にも襲われた。

 


 

【生検が行われる】

 

紹介状をもって向かったのは

とある大きな病院だった。

 

受付で紹介状を出し、案内された部屋には…

 

無機質な診察台が

部屋の中心にポツンと置かれていた

 

数分後私はあの上にのって、局所麻酔をし

病変している箇所の細胞をメスで採る。

 

大した手術でもないのは分かりつつも

恐怖と緊張で押しつぶされそうだった。

 

そんな気持ちで待っていると1人の医師が現れた。

優しそうな女性の医師で安心した。

 

さっそく診察台で局所麻酔をするのかと思いきや

まずはカメラで全身の撮影が行われた。

そんなに珍しい症状なのか…とこの時感じた事を覚えている。

 

その後、ついに診察台にのり

細胞をメスで取ることになったのだが

 

 

 

痕が残ると告げられる

 

皮膚の奥深くまでメスを入れるので

どうしても痕が残ってしまうそうだ。

 

大きさで言うと直径5㎜程度のものだが

当時20代になりたての大学生だったので

お医者さんがとても気にしてくれた。

 

しかし私にとったら

すでに肌を見せられないほど全身湿疹だらけなのに

5㎜くらいの傷が一つ増えようと大差ないと思っていた。

 

それでもお医者さんがなるべく目立ちにくい場所を、と

太ももの付け根近くにある

大きめの湿疹の箇所を採取すると言ってくれた。

 

 

ついに局所麻酔の注射が打たれる。

注射嫌いの私はとにかく終始ビビっていたが

その後いつの間にやらメスで細胞が取られた後、

二針ほど縫って傷口をふさがれていた(鈍感か)。

生検はあっけないほど瞬く間に終了した。

 


 

【診断結果は…】

数日後、紹介状を描いてくれた皮膚科に

結果を聞きに行くと

 

 

聞いた事もない病名を告げられる

 

「類乾癬(るいかんせん)」

原因もわかっていない未知の病気。

まさかそんな珍しい病気に自分がなるなんて衝撃的だった。

 

そして、もう一つ衝撃的だったのは

今後行われる「類乾癬の治療方法」だった。

 

次回、類乾癬の治療が始まる…

 

 

◆今までのお話はこちらから

~原因不明の湿疹治療記録~

腕に出来た赤い小さな湿疹がいつの間にか全身に?!【原因不明の湿疹治療記録①~未知の病気「類乾癬」~】

身体だけでなく顔にまで…!皮膚科でもわからない左右対称の謎の湿疹【原因不明の湿疹治療記録②】

~3歳のイヤイヤ期~

2歳のイヤイヤ期は大したことない?!【3歳のイヤイヤ期①~原因不明の理不尽行動~】

夫が否定したママの”ある行動”【3歳のイヤイヤ期②~夫婦の対立 前編~】

子供が言う事聞かないのはママのせい…?【3歳のイヤイヤ期③~夫婦の対立 後編~】

 

作者:あざみさん
あざみさんの記事一覧を見る⇒

 - 病気・トラブル




 - 病気・トラブル


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。