早産の危険がある時に聞いた『赤ちゃんの目の機能』の話。【子供の遠視と弱視と斜視②】 by ゆめぞう

   

けんちゃんこうちゃんの

遠視・弱視・斜視のお話を始める前に…

【妊娠中のお話】

けんちゃんこうちゃんは三つ子で

元々予定日より早く出産予定でした。

 

できれば妊娠33週までもたせてから

帝王切開にて出産、という予定でした。

ただ、いろいろな問題もあって

目標の33週までもつのかわからない状態。

 

そんな中で願っていたのは

「とにかく3人とも無事に生まれてきて!」

ただそれだけ!

そんな中で

お医者さんからたまたま聞いたのが…

目の機能が発達しきるのは

お腹の中の最後の方だということ。

 

ただ、肺の機能が仕上がらないままだと

呼吸ができなくて命に関わるため

お医者さんの説明もそちらが重点的でした。

 

目の機能については話の流れで

たまたま出てきたって感じでした。

目のことは生まれた後の話なので

産科の領域ではないのかもしれませんね。

 

私も、何にせよ、無事に生まれて!という

気持ちが大きかったので

目の話はそんなに気にしていませんでした。

 

それでも、ここで先生や看護師さんから

チラッとでも話を聞いていて良かったと思うのは

この数年後のことです。

《つづく》

◆今までの記事はこちらから

~子供の遠視と弱視と斜視~

第1話 目がよく見えていなかった?!3歳児健診でわかったことは…

作者:ゆめぞうさん
ゆめぞうさんの作品をもっと読む

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 - 双子育児, 妊娠, 病気・トラブル ,




 - 双子育児, 妊娠, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。