ベテラン助産師さんも驚いた!『人生3本の指に入るもの』【初めてのお産編⑩~最終話~】 by さやけん


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 子育て, 陣痛

   

入院後20時間以上経過しても一向に進まず、
経膣分娩が絶望的だった状態から、

リラックス出来た為か一気に開いた子宮口。
それはまるで奇跡のような快進撃で、師長さんも、もちろん私も家族も
みんなが驚く出来事でした。

そしてそのまま分娩室へ急遽移動することに。

もう生まれそうだったので、
分娩室まで歩いていくのはとっても大変だったけれど、

本当に本当に嬉しくて

一歩、一歩、
笑いながら歩いていったのを昨日のことのように覚えています。

ようやくたどり着いた早朝前の深夜の分娩台。
駆け付けた先生を待っていたかのように、一気に分娩が始まりました。

担当医の話を良く聞いて、
助産師さんや師長さんの言うとおりに、

息を吐いて、力を入れて、
目を開けて!お尻を浮かせないで!

つっかえのように詰まっていた頭が、
ところてんのようにツルッと出て、

分娩台にあがってから、30分も立たないうちに超絶安産でむすこが誕生しました。

時間がかかって心拍が弱くなっていたとは聞いていたけれど、
それはそれはとても大きな産声で、

ベテランの助産師さんからも
「私20年以上助産師をしているけれど、人生3本の指に入るほど大きな泣き声ね!」と言われるほど元気なむすこ。

よかった…よかった…!
やっと会えたね。いらっしゃい。

夫と2人で、元気な赤ちゃんを撫でながら
無事に生まれた喜びでいっぱいになりました。

さっきまで辛かった記憶も、痛みも、
全部がまるでなかったことのように、嘘のように消えてなくなり
幸せだけが残った夏の日の深夜。

今日から、よろしくね。と
止まることなく泣き続けるむすこに伝えたのでした。

最後に。

赤ちゃんを授かり、そして出産に挑むまで。
色々なことがあると思います。
色々な感情があると思います。

ですがこうして経験して言えるのは、

「ママがリラックスすることはとっても大事!」だということ。

ママが緊張していたり、不安だったり、辛かったりすると、
びっくりするくらいおなかの赤ちゃんにも伝わるんですね。

これからお産に挑む妊婦の皆さんや、
その旦那様、ご家族の皆に

「分娩の時くらい、ママはわがままになっていい」
ということを広く伝えられたらいいなぁ。と思います。

ここまで!こんなにも違うんだ!と驚くほど
緊張した状態から、リラックスした途端に奇跡のような快進撃をみせた
はじめての出産の記録でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

◆今までのお話はこちら

初めてのお産編シリーズ

さやけんさんの記事一覧

⇒作者:さやけんさん

みんなの漫画をもっと読む
tit-main

関連記事
欲しい物のため!言葉と顔つき、自分のすべてを使った娘の作戦! by 三都

 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 子育て, 陣痛




 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 子育て, 陣痛


  関連記事

 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 子育て, 陣痛