【衝撃】耳鼻科で受けた恐怖のトラウマ!嫌がる娘を抱えて通院した苦労の日々!!

   

1

ある時、娘「あぱ」の耳から変なニオイがすることに気付いたので耳鼻科へ行きました。

診察の順番がきて先生の前に座ると、

先生がカルテの名前を見て「あぱちゃんかぁ」と言ったかと思うと

どえらい迫力で「あぱ様!!痛くなかったですか?!あぱ様!あぱ様ーーーっ!! 」

・・・先生、笑わせようと必死すぎ。

あぱには、そのテンションが恐怖だったようだ。

それ以来「あぱたまのとこいやー!いやー!」

暴れる娘を抱きかかえ「今日でもうおしまいよ。」と無理やり連れて行く・・・。

とっても通院するのが大変でした。

⇒「おそらくその平凡こそ幸せ」をもっと読む
+

 - 2歳児, おそらくその平凡こそ幸せ, 女の子, 病気・トラブル ,




 - 2歳児, おそらくその平凡こそ幸せ, 女の子, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。