海の向こうに何がある?幼い私の答えに大爆笑!?【子ども時代のしくじり記憶②】 by koyome

   

子ども時代のしくじり記憶を振り返っております。koyomeです。

今回、まぁやらかしたといいますか、もう周りの空気感に耐えられなかった、一応微笑ましい話。(でも、私は納得していない!)

当時、母と姉と電車に乗っていた時のこと。

ぶほっ?

海の向こうには外国がある。

子どもの頃、外国といえばアメリカ!だったらしい私。

思わず吹き出し、笑ったお姉さんの気持ち、今ならわかります。子どもの何も考えていない、突拍子も無い発言、面白いですよね!

きっとその時車内は、微笑ましい温かな空気が広がってたんだと思います。

6歳という年齢は、ちょっとそれを敏感に、ちょっと屈折して感じ取ってしまったのでしょう………。恥ずかしかった!

でも海のむこうにアメリカ、間違ってないですよね!?

そこは25年経っても譲れない!(しつこい)

◆今までのお話

VSこども!我が家のヒヤリハット備忘録シリーズ
次女はお姉ちゃんが大好きシリーズ

koyomeさんの記事をもっと読みたい方はこちらから
⇒ブログ 崖っぷり嫁ブログ~koyomeのツンデレ一族観察記~



しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 - しくじり育児, ママ, 女の子, 子育て, 子連れお出かけ ,




 - しくじり育児, ママ, 女の子, 子育て, 子連れお出かけ ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。