私と旦那を不安に陥れた助産師さんの言葉【高齢出産なめてました。体力不足で色々と限界になった話⑥】 by 宝田くま子

ページ: 1 2

   

 

【不安しか残らない助産師さんの言葉】

慌ててナースコールをして、助産師さんに状況を説明し、破水の量も見てもらいました。

本日2回目の着替えも終わり、再びベッドの上で安静にしていると、

 

 

 

 

 

 

そう言って、助産師さんは陣痛室から出て行ってしまいました。

取り残された私と旦那様はもちろん、

 

 

 

陣痛が始まらないと、どうなるんだろう・・・?

そこのところが一番聞きたいんですけど。

 

助産師さんから何のアドバイスも説明もなく、ただ不安な状況で陣痛室に取り残された2人。

さて、どうなるのでしょう・・・。

続きは次回です。

 

◆今までのお話

高齢出産なめてました。体力不足で色々と限界になった話シリーズ
子連れ外出でまさかのケガ!私が起こしたしくじりシリーズ
宝田くま子さんの作品をもっと読みたい方はこちらから
⇒インスタグラム takarada.kumaco



しくじり育児エピソード大募集!
しくじり育児

ページ: 1 2

フォローして宝田くま子さんの最新記事をチェック!

 - トラブル, ママ, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 旦那, 陣痛 ,




 - トラブル, ママ, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 旦那, 陣痛 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/