妊娠には気づかないことがほとんど!妊娠超初期の症状と気を付けるべき事

 - 妊娠兆候, 妊娠初期, 妊娠講座

妊娠には気づかないことがほとんど!妊娠超初期の症状と気を付けるべき事

   

170_m
⇒漫画:ムラカミさん

妊娠を待つ方は、月経予定日前になるといつもそわそわ。

「眠いしだるいし・・・今度こそ妊娠か?
いやいや生理前も似たような状態だし・・・」

そして、いつも空振り。

悶々としてるのが嫌で病院にいくのも、どんどん早くなる。

こんな風に妊娠を待っている方に
妊娠超初期の症状と気を付けるべき事をご紹介します。

・着床出血をする。

妊娠超初期は、受精卵がきちんと着床出来るか出来ないかの時期です。生理の周期は乱れ、生理が遅れていることに気づき、心配になってきた頃に出血する事があります。まれではありますが、着床の時に、出血をする場合があり、これを着床出血と呼びます。
出血は少量なので、「生理が始まった」と思ったら少量ですぐに終わったと、思う人も多いようです。出血は、うすいピンクや茶褐色など様々です。少量の出血が数日続くこともあります。
着床出血が出るころ、「hCGホルモン」の分泌が始まります。この「hCGホルモン」に妊娠検査薬が反応しますので、出血を確認したら検査をおすすめします。

関連記事
妊娠検査薬が陽性になり、泣きそうになった旦那のしみじみとした呟き…

・つわりの症状が出てくる。

今まで全く気にならなかった匂いが、すごく気になり始めます。とても有名なのが「御飯が炊ける時の匂い」です。今までとってもいい匂いだと思っていたのに、急に吐きそうになります。私が妊娠した時は、延長コードを使って、ベランダに炊飯器を出し、ベランダでご飯を炊いていました。それ程、とても辛い匂いに感じられます。それと共に、ムカムカして、食べ物の好みが変わっていきます。個人差はすごくありますが、ひどい人は、妊娠初期から、産むまでずっとムカムカしています。
いつも船酔いしているような症状が始まったら、それはつわりかもしれません。食べ物の好みが毎日のように変わる時もありますから、今食べたい物を少しずつ食べましょう。妊娠の可能性がある事をいつも頭において、刺激物や胎児に影響がある食べ物は控えましょう。

関連記事
子供を産むのにどの位お金がかかるの?知っておこう出産費用【すくすく妊娠講座】

・おりものの変化

生理とおりものは、女性にとって常に気にかけている事です。でも、妊娠してから少しずつ、それらが変わっていくのです。妊娠超初期には、黄体ホルモンであるプロゲステロンやエストロゲンが分泌されることでおりものが多くなったり、色がなくなったり、個人差はありますが「いつもと何か違う」と感じる事は、妊娠の兆候と言えるでしょう。今までになく大量におりものがある場合は、感染症の疑いがありますので、すぐに産婦人科を受診しましょう。

・胸が張る。

妊娠前のように、胸が張る場合もあります。ひどい人は触るだけでとても痛む時があります。胸が痛むようであれば、きつめのブラジャーを避け、下着はゆるめにし、からだを締め付けないようにしましょう。あらゆる事に敏感になる時期です。下着を質の良いコットンに変え、からだを締め付けない事でリラックスし、気持ちが落ち着きます。

関連記事
二人目のつわりは大変って本当?二人目を妊娠した時のつわり対策

・微熱とだるさ。

熱っぽくて、何をしてもだるい。微熱が続き、風邪をひいたのかな?と勘違いしてしまう人も多いそうです。そこで風邪薬を飲んでしまって、後で後悔したという話をよく聞きます。妊娠の可能性が少しでもある人は、風邪薬を飲む前に、本当に風邪なのか、妊娠ではないのか、考えてから薬を飲む方がいいでしょう。
また、タバコとアルコール摂取も同じです。妊娠の可能性が少しでもある人は、控えた方がいいでしょう。もし、妊娠して、無事に出産しても、何か赤ちゃんに異常が見られた時、「あの時、私がタバコを吸ったから?アルコールを飲んだから?」と、母親は自分を責めます。妊娠に気づいていなかったとしても、妊娠の可能性があるのなら、日々の生活を見直す必要があります。
基礎体温を付けている場合、妊娠初期の体温上昇は約12週です。この間に、急に体温が下がった場合、流産の可能性がありますので、基礎体温表を持参して産婦人科を受診しましょう。

・精神的不安

からだが妊娠と出産へ変化していく中、気持ちが追い付かずに不安定になる場合があります。ホルモンの影響も大きく、自分でコントロール出来なくなります。今の自分の気持ち、症状をパートナーや周りの人に話して、知ってもらう事が必要です。我慢せず、無理せず、母親になっていく自分を理解してもらいましょう。命を授かることは素晴らしい事です。

関連記事
「陽性のような気がする」と予感がした!妊娠検査薬を試したら…??

・子宮外妊娠

生理がなく、少量の出血がある場合、着床出血の可能性と共に、子宮外妊娠の可能性もあります。いつもの出血とは違う。いつもの生理痛とは何か違うと思ったら、すぐに産婦人科を受診しましょう。子宮外妊娠は、文字通り、子宮ではないところで、受精卵が着床し妊娠が成立してしまうことです。初めは下腹部が少し痛む位が、だんだん激しい痛みに変わり、大出血になりますので、なるべく早く受診することをおすすめします。

・葉酸欠乏症のおそれ

葉酸はとても重要な栄養素です。葉酸が足りないと、「葉酸欠乏症」という病気になる事がありますので、子供が欲しいと思ったら、妊娠前から葉酸を摂取するよう心がけましょう。葉酸は、枝豆、モロヘイヤ、納豆、ブロッコリーに含まれています。枝豆はさやに包まれているので、熱処理しても栄養が失われにくく、しっかり葉酸を補えます。手軽に食べられるので、つわり時にも重宝されます。食べ物から葉酸を摂取しにくい場合は、サプリメントもありますので、いろんな種類を試し、自分に合ったサプリメントを決めておきましょう。
葉酸が欠乏してしまうと、胎児の発育に影響が表れます。「二分脊椎」や「無脳症」などの「先天性の神経管閉鎖障害」の発症リスクが高くなります。これらは、妊娠超初期の赤ちゃんの発育に影響しているので、妊娠前からの摂取が重要です。

kouza

■1ヵ月(0週,1週,2週,3週)
■2ヵ月(4週,5週,6週,7週)
■3ヵ月(8週,9週,10週,11週)
■4ヵ月(12週,13週,14週,15週)
■5ヵ月(16週,17週,18週,19週)
■6ヵ月(20週,21週,22週,23週)
■7ヵ月(24週,25週,26週,27週)
■8ヵ月(28週,29週,30週,31週)
■9ヵ月(32週,33週,34週,35週)
■10ヵ月(36週,37週,38週,39週)
■胎児の成長
■出産・分娩

【妊娠の兆候と妊娠初期】妊娠の兆候はいつから?初期症状気をつける事妊娠初期の食事つわりおりもの
【妊娠中期】妊娠中期の体妊娠中期の悩み妊娠中期に気をつける事妊娠中期の食事妊娠中期にやるべき事
【妊娠後期】妊娠後期の体妊娠後期の悩み妊娠後期の食事妊娠後期にやるべき事出産準備
【胎児の成長】妊娠1ヵ月妊娠2ヵ月妊娠3ヵ月妊娠4ヵ月妊娠5ヵ月妊娠6ヵ月妊娠7ヵ月妊娠8ヵ月
妊娠9ヵ月妊娠10ヵ月

友だち追加

 - 妊娠兆候, 妊娠初期, 妊娠講座





 - 妊娠兆候, 妊娠初期, 妊娠講座


最新記事一覧を見る!!

  関連記事

2-10
先輩ママに聞いてみました。産後で困った事は何ですか?

妊娠・出産を終えると、周りから「お疲れ様、がんばったね、ゆっくり休んでね」 と声 ...

174_m
赤ちゃんは急成長して1cm以上の大きさに!?妊娠2ヵ月(4週,5週,6週,7週)のママが知っておきたい事【月齢別すくすく妊娠講座】

お腹の中の様子 急成長で1cm以上の大きさに 妊娠3週の終わりには約1mmほどだ ...

175_m
妊娠初期症状はいつから出る?妊娠の兆候8つとタイミングを知っておこう!

漫画:フニャコさん 妊娠の初期症状と聞くと「つわり」や「胸の張り」などをイメージ ...

1
二人目のつわりは大変って本当?二人目を妊娠した時のつわり対策

⇒マンガ:安彦麻理絵 妊娠し、お腹に新しい命を宿すことは、ママにとってはこれ以上 ...

2
【突然あふれ出る大量の唾液!】唾液つわりって何?症状や対処法・期間について紹介します!

漫画:葛西りいち「やさぐれニンプ」 妊婦さんにとって最初の試練とも言えるつわりで ...

 - 妊娠兆候, 妊娠初期, 妊娠講座




記事が面白かったら
「いいね!」&フォローお願いします!