2歳6ヶ月、発達支援施設で感じた孤独。【娘の発達障害⑭~あっちにもこっちにも、属せない?~】 by SAKURA

ページ: 1 2

   

前回の続きです。

娘のための療育施設は、無事2か所見つかりました。

近場で、月二回通えるA施設と、

少し遠いけれど、週一回通えるB施設。

どちらも通えることになったため、月に6回の療育施設通いが始まりました。

ここでは、週一回のペースで通っていた、B施設にスポットをあて、

話していきたいと思います。

 

【初めて療育施設へ】

療育施設を利用できることが決まった時、私は嬉しく、

そして、楽しみで仕方がありませんでした。

やっと止まっていた日々が動き出す!娘が、変わっていくかもしれない!

という希望に満ちていました。

 

待ちに待った初日…

娘は、初めて行く場所に不安な様子もわくわくした様子もなく、

私に手を引かれ、ただ黙って歩いていました。

療育施設は、建物の一室にあり、畳張りの大きな部屋でした。

部屋に入ってすぐ、娘はおもちゃの方へ行き、黙々と遊び始めました。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 2歳児, ママ, 子育て, 発達障害, 自閉症 ,




 - 2歳児, ママ, 子育て, 発達障害, 自閉症 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。