ゲーム機に興味のない親が子供にゲームを与えるきっかけ【ゲームを与える時期①】 by 林山キネマ

ページ: 1 2

   

 【ただ何となく買うのではなく特別なプレゼントとして】

 

買うとしても…うちはそれほど裕福ではないし、何の理由もなく簡単におもちゃを与えるのではなく…

 

 

もうすぐクリスマスとお正月だったので、それに合わせて用意することにしました。

しかし…結構なお値段するもんですね!

カタログチラシを見たりネットを見て、どこで買うと安いのか、あちこちの店を調べました。

 

◆ある日の同学年のママさんから…

 

ゲームで起きたトラブルを聞きました。

 

 

子供の持ち物の紛失、盗難トラブルでした。

こういうのって胸がざわつきますね。

息子は話題になっていたその児童と遊ぶことが無かったので、問題は起きませんでしたが…

大事にしてほしい高い物を買い与えたのに、それを持っていかれたりすると穏やかじゃないですよね。

 

◆その後、無事にプレゼントを用意し思ったのは…

 

家のローンを返しつつ家計をやりくりしている私にとって、子供のおもちゃの20,000円は高価に感じました。

それまでのプレゼントは、特殊な立体パズルだったりレゴだったり…高くても5,000円前後の物でした。そこから急に4倍!

必要だと思っているので与えるのは問題ないのですが…

気になるのは、どの子もすごく欲しがるようなものがとても高価で、そして小さいという事。

価格が高いと、どうしてもすぐに買ってもらえなかったり、新しいソフトが欲しくても安易に買い足せないこともあるでしょう。

価格を知って、やっと「トラブルが起きるのもありえるな」と実感しました。

 

ちなみに私が同じ年頃のころ、クリスマスに親に買ってもらったのは500ピースのジグソーパズル(1500円位)でした。

次回はゲームを与えるときの約束と、与えられたあとの息子の変化について書きます。

早くも…情けない感じに…?!

 

☆次回に続きます!

 ◆今までのお話

一人目と二人目・平等な育児シリーズ
二人目なのに 育てにくい?シリーズ
第一子、初めてだらけの育児シリーズ
病気予防と病院選びシリーズ
叱り方番外編
実母から学んだことシリーズ
実母の残念な叱り方シリーズ
やさしい義母が叱る時シリーズ

⇒作者:林山キネマさん
⇒ブログ うずらぽってりしてます。
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

フォローして林山キネマさんの最新記事をチェック!

 - しくじり育児, プレゼント, ママ友, 子育て, 小学生, 玩具, 男の子 , ,




 - しくじり育児, プレゼント, ママ友, 子育て, 小学生, 玩具, 男の子 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/