あの時おじいちゃんがそばにいてくれたおかげで…【三兄弟の真ん中っ子の私と祖父との思い出④】 by みほ

ページ: 1 2

   

◆前回のお話

留守番中に起こったこと【三兄弟の真ん中っ子の私と祖父との思い出③】

 

 

私が大泣きして引き止めてしまったため、祖父は出かけるのをやめてくれて、母が帰ってくるまでずっと一緒にいてくれました。

そして家に戻ってきた母は、この出来事を聞いて「そんなことがあったのか…」と驚いたそうです。

それと同時に『いつも育てやすいと思ってたみほが、実は我慢していただけだった』『自分は何も気づかなかった』とショックを受けて、それからはもっと私のことを気にかけてくれるようになりました。

 

 

この出来事は、当時小さかった私は全く覚えていなくて(笑)

祖父から話を聞いた母が、数年後この出来事を私に伝えてくれました。なので祖父の口からはこの事は聞かされていません。

今になって、祖父がこのときどういう気持ちだったのか聞きたかったなーと後悔しています。

 

ただ、最近母を見ていて思うことがあります。私が娘を出産してから、母は娘とたくさん遊んでくれたり、「何かの足しにして」とお金をくれたりするので、そのたびに申し訳なく思うのですが、

「いいの、いいの!自分が子育てしてるときに子供にしてやれなかったことや、もっとしたらよかった!と思うことを孫ちゃんにしてるだけだから!」と言ってくれます。

そんな母を見て祖父もそうだったのかな?と、なんとなくですが…そう思いました。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてみほさんの最新記事をチェック!

 - 2歳児, 3歳児, じいじばあば, 二人目以降 ,




 - 2歳児, 3歳児, じいじばあば, 二人目以降 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。