我が子と離れたことで変わった育児観。育児って、なんだろう【長女と離れた日々のこと⑤】 by ぴなぱ

ページ: 1 2

   

 

私がいなくても、娘はちゃんと生きていました。当然です。それだけじゃなく、実家や保育園でいろんなことを教わり、私がいなくてもちゃんと育って、笑っていました。

ずっと『私が』娘を生かし育てていると思っていたけど、私がしていたのはあくまで娘が生きるためのサポートに過ぎなくて、誰かのサポートさえあれば娘は自分の力で生きて育っていけるんだな。もちろん子どもにとって親は特別な存在だけど、親が絶対ということはない。

我が子とはいえ自分でない人間の、命も心も全部自分次第だなんて、考えてみればなんて驕った考え方だったんだろう。

…うまく言えないんですが、そんな風に思いました。

 

 

「育児はひとりの人間を作り上げること」

そんな風に思っていたし、それも大きな意味で捉えれば間違いではないのかもしれないけど、私が娘と離れて気付いたのは

「育児はひとりの人間が出来上がっていく様子を、側で見守ること」

なのかもしれないということ。

 

だから離れていたら、育児はできない。私がいなくても娘は育つけど、側で見守ることは近くにいないとできないんです。

 

入院したことがよかったとは全く思いませんが、あの時のことがきっかけでこうして育児に対する意識が変わった…というかそれまでの自分の育児観がぶっ壊されたのは、その後の自分のためにも、そして娘のためにも、よかったのかもしれないと思っています。

 

続きます。

~第一話はこちらから~

 

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

フォローして、ぴなぱさんの最新記事をチェック!

⇒作者:ぴなぱさん
⇒ブログ 猫の手貸して~育児絵日記~

しくじり育児エピソード大募集!
しくじり育児

ページ: 1 2

フォローしてぴなぱさんの最新記事をチェック!

 - 1歳児, ママ, 子育て, 病気・トラブル, 赤ちゃん ,




 - 1歳児, ママ, 子育て, 病気・トラブル, 赤ちゃん ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。