『大嫌いなひと』との10年間【めおと34年も続けると㉕】 by 山田あしゅら

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【めおと34年も続けると】記事一覧

 

 

※これは3年前、平成31年(2019年)3月末のお話です。

 

義母が移った病室は個室ですが窓が小さく

ベッドからは外を見ることが出来ませんでした。

もっとも

義母は既に身を起こすことも難しい状態です。

 

意識も混濁したままで

窓の外の季節も春だか秋だか…。

 

 

声をかけても表情はなく、時折うつろに中空を見つめる義母は

今自分が置かれた場所さえ分かっていないのだと思います。

 

厳重管理され、人数制限など細かい規則がある隔離病棟ですが

家族の面会は意外なほど制限がありませんでした。

いや、むしろ

遠くて今後通うのが大変だからと業者の洗濯サービスを申し込んだら

 

 

と、看護師さんからくぎを刺されたくらいです。

 

そういえば、ここしばらくの急な転院のドタバタで

義母とじっくり顔を合わせるのは久しぶりです。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローして山田あしゅらさんの最新記事をチェック!

 - じいじばあば, 介護, 病気・トラブル ,




 - じいじばあば, 介護, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。