初めて訪れた隔離病棟。そこは想像以上に厳重で…【めおと34年も続けると㉔】 by 山田あしゅら

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【めおと34年も続けると】記事一覧

 

義母の結核発症は

まだコロナの名前すら知らなかった3年前。

結核発症が判明すると

直ちに医療機関から保健所へ届出がなされ

すぐに保健所とのやり取りが始まります。

 

 

初っ端は

夫としお氏が入院中の病院に届け物をする道すがら(夫の病院は市内)

私の携帯にかかってきた保健師さんからの電話でした。

現在の状況と面談をいつ行うか?の確認です。

 

にわかに慌ただしさを増す義母の結核病棟への転院。

 

 

しかし、この状況で動けるのは私しかいないから仕方ありません。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローして山田あしゅらさんの最新記事をチェック!

 - じいじばあば, 介護, 病気・トラブル ,




 - じいじばあば, 介護, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。