幼稚園の時のお友達が声をかけてくれた!!自閉症の息子がお祭りに行った時のエピソード。『息子は自閉症。ママのイラスト日記㉜』

   

こもたろが2年生の頃、家族で地元のお祭りに行った時の話です。

moro33‐1

こもたろはお祭りが大好きで、この日も早い時間から準備して出かけました。

たこ焼き、チョコバナナ、綿菓子、ボールすくい、輪投げなどを堪能したところで、「人も多いことだし、少し休もうか」と路地裏に移動しました。

その時です。
「あれ?こもたろくんじゃん!」

後ろから声が聞こえてきました。
ここは地元とはいえ、住まいからはちょっと離れた場所。小学校の学区からはほど遠い所です。
まさかこんな所でこもたろの名前を呼ばれるとは思っていなかったので「え?うち?」と半分聞き間違えかなと思いつつ振り返ると、

Click here to preview your posts with PRO themes ››

moro33‐2

そこには幼稚園の頃に同じクラスだったお友だちがいました。

「どうしたの?お祭りに来たの?」と、久々に会うのに、まるで毎日会っているかのように話しかけてくれました。
こもたろも驚くことなく「うん!」と元気よく返事をしました。

友「こもたろくん、何した?」
こ「ぼくねー、ボールすくいやったよ」
友「お、たくさんとれたね。すごいじゃん」

その子は、気を遣って声をかけてくれたわけではなく、普通にお友だちとしてこもたろと接してくれていました。

Click here to preview your posts with PRO themes ››

moro33‐3

しばらく話をした後、「じゃあ、オレ行くね。こもたろくん、またね!」と別れました。

それまでの会話があまりに自然だったので、私もつい「また、小学校でね」と言ってしまい、「ああ、違う小学校だったんだ」と気付いて恥ずかしくなったのですが、お友だちはニコっと笑い「うん!また!」と言って手を振ってくれました。

温かいなぁ。有り難いなぁ。

こもたろが通わせてもらった幼稚園。登園制限の関係で週に2日だけの登園でしたが、お友だちはクラスの一員として受け入れてくれた。

どこへ行っていいかわからない時、こっちだよって教えてくれた。ドキドキしてうまくいかない時は、頑張れって声をかけてくれた。幼少の頃の大切な時期を、あの空間で過ごせて本当に良かった。

たくさんわけてもらった優しさ、教えてもらった温かい心が今、こもたろの中で活きています。

Click here to preview your posts with PRO themes ››

moro33‐4

これからいっぱい返していかなくちゃね。
何度言っても言い尽くせないのだけれど、本当に本当にありがとうございました。


「自閉症くんの母、やってます」を読む!
+

[]

 - 『息子は自閉症。ママのイラスト日記』, 自閉症 ,




 - 『息子は自閉症。ママのイラスト日記』, 自閉症 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。