子供のために必死で『ママ友作り』をしていた私は衝撃の言葉を耳にする【私にママ「友達」ができた話⑤】 by みほ

ページ: 1 2

   

 

次の日…

 

 

人と話すのはもちろん楽しいですし、息抜きもできるのですが、でも無理して話さなくていいと思えて、気が楽になりました。

 

 

私が頑張らなくても、ママ友がいなくても娘には友達が出来るんだなぁと思いました。

 

友達が数人出来てから、そこからいろんなママさんとお知り合いになるのが早かった…!(笑)

みんな誰かしらの友達や知り合いなので共通の話題も多いし、親しくなるのに時間はかからなかったです!

 

こんなに偉そうに書いてますが、娘が幼児教室に通ってからは私がまた人見知り発動して、気軽に話せるママさんはあまりいません(笑)

送り迎えだけであまり話す機会がないのもそうなんですが、娘は娘で友達を作っていて、もう自分は別のところで気の合うママ「友達」がいるから…と思っているからです。(仲良くなりたい、話したいって気持ちはある)

 

後々分かったのですが、「誰かと話したいなぁ」、「ママ友が欲しいなぁ」と思って公園へ来てるママさんも結構いるということ…。

人見知りの私でさえ、公園へ何度も行っていたら気の合うママ「友達」が出来ました。

友達は作ろうと思って作れるものではないですし、相手はママ友が欲しくないと思ってるかもしれません(地元の友達が何人かそうです笑)。ママ友が出来たらまた人間関係で揉めたりすることもあるかもしれない…。

でも、育児のことや話が出来て楽しいから…私はママ「友達」が出来てよかった!と思っています。

 

 

~第1話はこちらから~

 

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

フォローしてみほさんの最新記事をチェック!

みほさんの記事一覧
⇒インスタグラム miho_nekokichi

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

フォローしてみほさんの最新記事をチェック!

 - ママ, ママ友, 公園, 女の子, 子育て ,




 - ママ, ママ友, 公園, 女の子, 子育て ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/