危篤状態の義父が集まった親族に見せた驚きの姿【めおと34年も続けると㉞】 by 山田あしゅら

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【めおと34年も続けると】記事一覧

 

折しもそれは

平成から令和へ元号が代わる間際でした。

 

 

新元号も発表され

日本中がソワソワと落ち着かない雰囲気の中にあった頃です。

 

食事を口から摂ることが出来なくなり

点滴で何とか維持していた義父。

やはり気力は次第に落ちていきました。

 

 

それから2週間ほど経った夜

 

※下顎呼吸…下あごを上下させてあえぐような死期が迫った時に現れる呼吸

 

と、病棟の看護師さんから電話がかかってきました。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローして山田あしゅらさんの最新記事をチェック!

 - じいじばあば, 介護, 病気・トラブル ,




 - じいじばあば, 介護, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/