コロナ禍育児で身も心もボロボロになった私。夫の昼ご飯の要求に…【発達凸凹な子供達とのコロナ自粛生活で病んだ話③】byふくふく

ページ: 1 2

   

 

 

 

専業主婦なんだから、家事を私がメインでやるのは当たり前。

お昼ご飯の時間なのに休憩し始めたら、夫の立場からすればどうするのか聞きたくなるのかもしれない。

 

でも、余裕が一切なかった私には、休憩の適切なタイミングなんて計れず、

夫に丁寧に休みたい事情をプレゼンするのも無理だった。

 

 

 

ちょっとした事ですぐに癇癪をおこして、

その度になだめて、ご機嫌を常にうかがって。

常識も通じない、言葉も通じない。

でも放っておいたら死ぬかもしれない生き物達の相手を一日中……

24時間、無になれる瞬間が全くない。

 

 

 

ボロボロと涙をこぼしながら、

叫ぶでもなく、それでも強い言葉で夫にぶちまけました。

 

「死にたい」

なんて言われたくないだろうけど、わざわざこの言葉を選んだ訳じゃないけれど、この時の自分の気持ちを表す適切な言葉ではあったと思います。

 

人間の生活ができないのであれば、

死んだら、

人間になれるような気がしたのかもしれない。

 

 

 

そう子供達に告げ、キッチンに向かう夫。

私に何か言葉をかけるでもなく、速やかに行動に移る。

 

一見、そっけない態度に見えて、私には夫からの

 

《無言の了承》

 

だと思いました。

 

私は、それに全力で乗っかろうと決めました。

遠慮してもしょうがない。

 

気休め程度ではなく、心と身体が完全回復するまで、

 

自分のやりたい事以外

一切やらずに過ごそう。

 

そして、そこからは

 

 

 

何にも縛られない生活。

心にゆとりという名の綺麗な水が入ってくる感覚がした。

 

本当に、全ての家事育児を夫がやってくれて、子供達が私の所へ行こうとすると気を引いて離してくれ、

「ご飯できたよ」以外、一切話しかけてくる事もなく過ごさせてくれた。

 

 

ただ

 

ひたすらに

 

"自由"に。

 

 

そんな生活を

2日間過ごした。

 

その結果……

 

 

続きます

 

 

~第1話はこちらから~

 

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

 

⇒作者:ふくふくさん
⇒インスタグラム fukufuku_diary
⇒ブログ 白血病ママのふくふく人生日記

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 

ページ: 1 2

フォローしてふくふくさんの最新記事をチェック!

 - 2歳児, ママ, 二人目以降, 子育て, 旦那, 発達障害, 4歳児~ ,




 - 2歳児, ママ, 二人目以降, 子育て, 旦那, 発達障害, 4歳児~ ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/